ニュース

KIRINJIが映画『鳩の撃退法』EDで井上陽水「氷の世界」をカヴァー タカハタ監督×つんく♂の特別対談公開

KIRINJI   2021/09/16 13:39掲載
はてなブックマークに追加
KIRINJIが映画『鳩の撃退法』EDで井上陽水「氷の世界」をカヴァー タカハタ監督×つんく♂の特別対談公開
 第157回直木賞受賞作『月の満ち欠け』など、佐藤正午の数ある傑作のなかでも最高到達点との呼び声高い小説を原作とした『鳩の撃退法』は2021年8月27日に全国ロードショー。KIRINJIが映画『鳩の撃退法』の劇中エンディングで井上陽水の名曲「氷の世界」をカヴァーしていることが話題となっているほか、さらにタカハタ監督 × つんく♂の特別対談が公開されています。

 原作では小説表現の臨界点を超えた、まさに先の読めないストーリーが展開されます。これまで物語の全貌が見えてこなかった『鳩の撃退法』がついに全国公開を迎え、藤原竜也演じる天才作家・津田伸一が仕掛た謎によって「少し難しい内容だったけど、終始引き込まれた」「ウソ?ホント?わかったような…わからないような…自分の想像力が試されて、面白かった!」「フィクションなのか現実なのか分からないから展開にドキドキした」と、日本中から翻弄された!という声が続出している本作。天才作家・津田伸一役を藤原竜也が演じるほか、土屋太鳳風間俊介西野七瀬豊川悦司ら豪華キャストが集結し、監督はTVドラマ『赤めだか』でギャラクシー賞ほかドラマ界の賞を総なめするなど、映画だけではなくTVドラマ・バラエティ・ミュージクビデオとジャンルを問わず、マルチに活躍するタカハタ秀太が務めます。さらに、本作の主題歌・劇伴を担当するKIRINJI堀込高樹が劇中で、井上陽水の名曲「氷の世界」をカヴァーしていることが、いま話題となっています。

 「氷の世界」を表題曲とした同タイトルのアルバムは日本国内で初めてミリオンセラーを達成するなど、まさに日本の音楽史に残る名曲。「氷の世界」の唯一無二の世界観に惹かれたタカハタ監督は「映画のラストでどんな音楽が流れたら、観た人が納得するかを考えたときにこの曲しかなかった」と楽曲の使用を熱望。その結果、本作の主題歌・劇伴を務めたKIRINJI・堀込高樹によって「氷の世界」がカヴァーされることが決定しました。

 また、タカハタ監督と日本を代表する音楽プロデューサー・つんく♂の特別対談が公開。タカハタ監督はかつて放送された伝説のTV番組『ASAYAN』のディレクターを務めるなど、つんく♂とは深い繋がりがあり、今回の特別対談が実現。対談の中でつんく♂も「鳩の撃退法は作品全体がロック。氷の世界が使われている最後のエンディングでやられた」とタカハタ監督の手腕と堀込のカバーによる「氷の世界」を絶賛しました。また映画の話に加えてここでしか聞けないモーニング娘。の当時の裏話なども満載。特別対談はつんく♂の公式YouTubeチャンネル「つんく♂エンタメちゃんねる」にて、対談のダイジェストが公開されています。

拡大表示


拡大表示



©2021「鳩の撃退法」製作委員会 ©佐藤正午/小学館

『鳩の撃退法』
2021年8月27日(金)より公開
movies.shochiku.co.jp/hatogeki-eiga
配給: 松竹

タカハタ監督×つんく♂特別対談
9月16日(木)12:00 対談 前編記事
掲載媒体: noteマガジン「つんく♂の超プロデューサー視点!」
タイトル: つんく♂と映画監督タカハタ秀太が振り返る、モーニング娘。誕生前夜。
note.tsunku.net/n/nb44bcac4880a

9月17日(金)12:00予定 対談 後編記事
掲載媒体: noteマガジン「つんく♂の超プロデューサー視点!」
タイトル: 「必要なのは、圧倒的に面白くさせる覚悟」つんく♂と映画監督のクリエイター論
note.tsunku.net/n/n120c0718a5ea
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い[インタビュー] スウィート&グルーヴィなSSW、待望の新作 kiki vivi lily
[インタビュー] ローリング・ストーンズ、ジャム、レディオヘッド…UKロックの名曲に挑んだ7年ぶりの新作、1966カルテット[インタビュー] みやけん  人気ピアノYouTuberがいよいよCDデビュー!
[インタビュー] NHK「世界ふれあい街歩きコンサート」人気テレビ番組が生演奏とその音楽と公演の見どころを作曲家・村井秀清が語る大画面で楽しむコンサートに[特集] あれもこれも、やつらの仕事。天才クリエイター集団の実態に迫る、DRAWING AND MANUAL
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015