ニュース

NASの新作がいよいよリリースに

NAS   2006/11/21掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 米ニューヨーク出身の大物ラッパー、NASが注目の新作をいよいよリリースします。『ヒップホップ・イズ・デッド』という意味深なタイトルを持つこの作品、発売はUS盤が12月19日、国内盤(UICD-9025 税込\1,980)は12月20日の発売予定です。

 2004年の『STREET'S DISCIPLE』(写真)以来となるこの新作は、色々な意味で話題となっている一作。なんといっても長年にわたり敵対関係にあったジェイ・Zと和解、しかも全面サポートを受け、ジェイ・ZのレーベルであるDef Jamからのリリースになった(配給はNASのこれまでの作品をリリースしてきたColumbia Recordsと共同)、というのが最大のトピックでしょう。アルバムにはザ・ゲームカニエ・ウェストダミアン“ジュニア・ゴング”マーリースヌープ・ドッグなどが参加、タイトル・トラックのプロデュースにはブラック・アイド・ピーズのウィル・アイ・アムが迎えられています。今年最後にして最大の話題作、ヒップホップ・ファンはご注目ください。


●『ヒップホップ・イズ・デッド』収録予定曲
・Q.B. True G feat. The Game
・Where Are They Now
・Carry On Tradition
・Still Dreamin' feat. Kanye West
・Play On Player feat. Snoop Dogg
・Hip Hop Is Dead
・Unforgettable feat. Chrisette Michelle
・White Man's Paper (War) feat. Damien Marley
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ドキュメンタリー作品『ザ・ビートルズ:Get Back』を観た![インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表
[特集] スティング、「僕らには架け橋が必要なんだ」新作『ザ・ブリッジ』を本人のコメントとともに徹底解説[インタビュー] 藤木大地、日本が世界に誇るカウンターテナーが舞台をもとにした新作アルバムを発表
[インタビュー] “ひねくれポップの大団円”がつぽんず、初の全国流通版[インタビュー] カーネーション、4年ぶり通算18枚目のアルバム
[インタビュー] 在ノルウェーのピアニストがECMからの初リーダー作で聞かせる“静寂の美”、田中鮎美[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く
[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』
[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015