ニュース

企画展『ピエール・バルーとサラヴァ』開催 70年代を中心とした写真や映像を公開

ピエール・バルー   2021/09/16 13:20掲載
はてなブックマークに追加
企画展『ピエール・バルーとサラヴァ』開催 70年代を中心とした写真や映像を公開
 ピエール・バルーが亡くなってはや5年、彼が設立したサラヴァ・レーベルの55周年にあたる今年、レーベルの黄金期である1970年代を中心に、バルーや所属アーティストの貴重な写真、南仏で開催されたフェスの映像などを展示 / 上映する特別企画展『ピエール・バルーとサラヴァ』が開催されます。

 開催日程は、東京・東池袋のKAKULULUにて2021年10月5日(火)〜10月30日(土)、青森・八戸のsaule brancheにて11月27日(土)〜12月21日(火)、岩手・盛岡のBOOK NERDにて2022年2月3日(木)〜2月14日(月)。

[コメント]
ピエールがいなくなってから今年で5年が経ちます。世界はすごい速さで変化し、モノづくりの考え方も音楽の演奏方法も変わってきています。しかし誰でもネットで発信できる自由を得た代わりに世界はどんどん息苦しさを増しているように思います。ピエール・バルーと彼の率いるサラヴァレコードの時代のパリはとっても楽しそう。音のひとつひとつが嬉しそうなんです。それは正に今われわれの社会が失いがちな夢や冒険への渇望に満ちているから。サラヴァのレコードを聞くとまるで酸素ボンベで肺がパンパンに膨らむみたいな、見晴の良い丘の上に立っているような気分になります。やはり、基本はこれ。好きな仲間と音楽を分け合う。そんなシンプルな喜びをフランスのスピリットで料理した極上の音楽で皆さんにお届けします。
――サラヴァレコード代表 アツコ・バルー

■企画展『ピエール・バルーとサラヴァ』
m.facebook.com/events/4606514632713671/?event_time_id=4606514702713664&_rdr
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い[インタビュー] スウィート&グルーヴィなSSW、待望の新作 kiki vivi lily
[インタビュー] ローリング・ストーンズ、ジャム、レディオヘッド…UKロックの名曲に挑んだ7年ぶりの新作、1966カルテット[インタビュー] みやけん  人気ピアノYouTuberがいよいよCDデビュー!
[インタビュー] NHK「世界ふれあい街歩きコンサート」人気テレビ番組が生演奏とその音楽と公演の見どころを作曲家・村井秀清が語る大画面で楽しむコンサートに[特集] あれもこれも、やつらの仕事。天才クリエイター集団の実態に迫る、DRAWING AND MANUAL
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015