ニュース

ポセイドン・石川、東京初のワンマン・ライヴを開催 新作アルバムよりリード曲のMV公開

ポセイドン・石川   2019/02/12 13:08掲載
はてなブックマークに追加
ポセイドン・石川、東京初のワンマン・ライヴを開催 新作アルバムよりリード曲のMV公開
 J-POPのヒット曲を“あの方”(山下達郎)に歌唱したweb動画で話題を読んでいるミュージシャン、ポセイドン・石川が、2月7日(木)東京・渋谷のライヴハウスduo MUSIC EXCHANGEでワンマン・ライヴ〈ポセイドン祭り〉を開催。今回はメジャー・デビュー後初のライヴとなり、会場には約300人のファンが駆けつけました。〈ポセイドン祭り〉は今後、2月13日(水)愛知・名古屋 sunsetBLUE、5月17日(金)宮城・仙台 宮城野区文化センター・コンサートホールでの開催が予定されています。

 ライヴに先駆け、“あの方”の誕生日である2月4日(月)にリリースしたメジャー・デビュー・ミニ・アルバム『POSEIDON TIME』(COCP-40727 1,852円 + 税)からは、アルバムのリード曲である「黄色い声が聞きたくて」のMVも公開されています。

photo by tawara

[ライヴ・レポート]
〈ポセイドン・石川ワンマン〜ポセイドン祭り〜〉
2019年2月7日 渋谷DUO MUSIC EXCHANGE


 近来稀に見る曲者アーティスト、と言っていいだろう。ポセイドン・石川のことである。誰が呼んだか、北陸の最終兵器。最近ではシティーポップ芸人なんて呼称も定着しているようだが、口が悪い人たちの間では、リーズナブルなヤマタツなんて呼び名もあるようだ。どれもこの曲者らしいフレーズだと思う反面、どれも外れているようにも思えたりもする。そんな彼のメジャー・デビュー・アルバム『ポセイドン・タイム』のレコ発ライヴ<ポセイドン・石川ワンマン〜ポセイドン祭り〜>がさる2月7日、渋谷DUO MUSIC EXCHANGEで行われた。

 Twitterにアップした山下達郎風味のカヴァー動画が評判を呼び、昨年あたりからテレビのネタ番組にも多数出演、ここにきて加速度的に知名度を上げている彼のことを、いまだに芸人なのかミュージシャンなのか、論議する声は止むことがない。世間はいったいどういう目でポセイドン・石川を見ているのか。正直言ってこの日会場に集まった客層からは判断しがたいものがあった。というのも、意外なほどに幅広い年齢層が集まっていたからだ。筋金入りの音楽マニアらしき御仁もいれば、最近アナログ・レコードを集め始めたシティーポップ・リスナー風情の若者、お笑いライヴに足しげく通っていそうな方も。でもどういう見られ方をしているのかは、ひょっとしたらポセイドン本人が一番わかっていないのではないか。

 ライヴのオープニングは、いきものがかり“ありがとう”のカヴァー。彼を絶賛した水野良樹への感謝の気持ちを伝えるかのようなパフォーマンスに続いて、DA PUMPの“U.S.A.”など序盤から大ネタを畳みかけていく。曲が終わるごとに<ライドオ〜ン>という決めポーズを挟み込んだり、曲の途中で客席に下りていって握手を求める姿は、やはりその辺のミュージシャンらしからぬものがある。MCで「ミュージシャンとしてやってきたつもりが、去年の夏あたりからリハーサルをネタ合わせと呼ぶようになって……」と自嘲気味に話していた彼だが、とにかくいちいち挙動不審な感じが可笑しくてならない。“ポップス・メドレー”では、クイーン“Bohemian Rhapsody”のカヴァーなどもサービス。フレディ・マーキュリーとは違った粘着質で迫り、会場を沸かせた。そして前半のクライマックスとなったのは、あの人の定番曲“クリスマス・イブ”のカヴァー。土着性の強さでは引けを取らないとことんドメスティックなヴォーカルを聴いていたら、ミステリアス・アイド・ソウルというフレーズがぼんやり浮かんできた。ところで今日初お披露目だというショルダー・キーボード。彼がそれを肩にかけると、また何とも言えない可笑しみが漂い始めるのだが、なぜ彼がそれを必要としたのかは最後までわからなかった。

 
 前段で客層が幅広いと書いたが、実際のところ、筆者のように、彼のオリジナル曲に感銘を受けてファンになり、ライヴに足を運んでいる人はやはり多かったように思う。それは、ポセイドンと同じくニット帽を着用したバック・バンドが呼ばれ、一気にグルーヴィー・タイムへと突入したときに判明するわけだが、凝った構成を持つ楽曲が演奏されるごとに会場は熱気を帯び、彼が纏っていた曲者っぽさがシュワシュワ消えていくのがわかった。プログレ、フュージョン好きが透けて見える変拍子インスト“4”など、鮮やかな鍵盤捌きに聴き惚れずにいられなかったし、色鮮やかな街物語を描き出す“あんたがたどこさ”やトッド・ラングレン風のアカペラをフィーチャーした“リンゴ追分”で垣間見られるアレンジ能力の高さにも改めて唸らされたもの。“シャチに目をつけられて”や“℃-bon”といった名曲の誉れ高いオリジナル曲を聴けばわかるのだが、ルーツはジャズ。いわば正体は、ジョーイ・ドーシックなどと並び称されるようなジャジーなシンガー・ソングライターなのである。ただ、彼のクネクネしたアクションと同じく音楽性が軟体質的というか良い意味で掴みどころがなく、正体不明感が際立ってしまう。アンコールにおいて圧倒的にカッコいい“東京シャワー”を披露したあと、イタチの最後っ屁のごとく“USA”をかまし、観客を煙に巻く様子を眺めながら、この混沌とした感じこそ彼の持ち味なのだろうと考えていた。さてこれからいったい彼の芸はどう変化していくのだろうか。ともあれ、ポセイドンのアドヴェンチャーは本格的に始まったばかり。じっくりと見届けたい。

文 / 桑原シロー




ポセイドン・石川ワンマン〜ポセイドン・祭り〜
2019年2月13日(水)
愛知 名古屋 sunsetBLUE
開演 19:00
前売: 3,000円
プレイガイド発売中


ポセイドン・石川〜ポセイドン祭り〜in 仙台
2019年5月17日(金)
宮城 仙台 宮城野区文化センター・コンサートホール
開演 19:00
チケット: 全席指定(税込)3,000円
※当日券500円増し
一般発売日: 3月2日(土)10:00〜


■2019年2月4日(月)発売
ポセイドン・石川
POSEIDON TIME

CD COCP-40727 1,852円 + 税

[収録曲]
01. 紅(X JAPAN)
02. め組のひと(ラッツ&スター)
03. あんたがたどこさ
04. リンゴ追分(美空ひばり)
05. 4(オリジナルインスト)
06. 握手会Generation(オリジナル)
07. 黄色い声が聞きたくて(オリジナル / 新曲)
08. ありがとう(いきものがかり)
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “生命のありさま”みたいなもの――ORIGINAL LOVE『bless You!』[インタビュー] もっと正直になりたい――本気は、きっと伝わる 杏沙子『フェルマータ』
[インタビュー] 三遊亭円丈「恋のホワン・ホワン」など“カルトな名作”を手がけた中村俊夫がトリオ・レコードの軌跡を語る[インタビュー] 自分が魅せられた“ヒップホップ”を表現したかった “DEFなYが送る特別授業”YUKSTA-ILL『DEFY』
[インタビュー] 自分にとっては“禊”って感じ――LIBRO『SOUND SPIRIT』[インタビュー] 自分がどう思ったか、どう判断したか “らしさ”を模索するYoumentbay
[インタビュー] 稀代の名プロデューサー、トレヴァー・ホーンが80年代の名曲をフル・オーケストラとともにカヴァーしたニュー・アルバムを発表[インタビュー] “常に自分をアップデートさせたい”前向きな姿勢を反映したE.P第2弾、竹内アンナ『at TWO』
[インタビュー] みんな“トモダティ” エレクトロオルタナティブユニット“tomodati”登場[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表
[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015