ニュース

ロバート・グラスパーらによるR+R=NOWがデビュー “人物相関プレイリスト”も公開

R+R=NOW   2018/06/18 12:29掲載
はてなブックマークに追加
ロバート・グラスパーらによるR+R=NOWがデビュー “人物相関プレイリスト”も公開
 ロバート・グラスパーテラス・マーティンを中心に“時代の音楽を創造する”という使命を共有するスーパー・バンド“R+R=NOW(アール・プラス・アール・イコールズ・ナウ)”が、デビュー・アルバム『コラージカリー・スピーキング』(UCCQ-1085 2,500円 + 税)をブルーノートより6月15日(金)に世界同時発売。

 R+R=NOWのメンバーは、『ブラック・レディオ』でジャズに革命をもたらしたピアニストのグラスパー、ケンドリック・ラマーの〈グラミー賞〉受賞作『トゥ・ピンプ・ア・バタフライ』などを手掛け、ジャズとヒップホップを繋ぐプロデューサー / サックス・プレイヤーのマーティンと、ロバート・グラスパー・エクスペリメント(RGE)やブルーノート・オールスターズのメンバーでもあるベーシスト、デリック・ホッジエスペランサのバンドで活躍し、RGEにも起用されたドラマーのジャスティン・タイソン、カリスマ・トランペッターのクリスチャン・スコット、そしてボビー・マクファーリンを父に持ち、DJ / ビートボクサー / プロデューサーとマルチな活動を展開するテイラー・マクファーリンという豪華な6人。

 アルバムのバック・カヴァーには「俺たちは、何かしら意味があって、何かを動かすアートを作りたいんだ。そして、俺たち自身と俺たちの世界を反映しているサウンドを作りたい。俺たちが見てきたもの、そして見ていきたいもの全てに応えるサウンドを。俺たちの存在意義はそんなアートを作り、変化をもたらせること。俺たちの先祖と未来のためのトーチを持つために結成されたのだ。俺たちが真実を伝えるときがきた。REFLECT(じっくり考える)+RESPONSE(応える)=NOW(いま)」というメッセージが記載されています。

 R+R=NOWはアルバム発売後、6月15日には米アトランタ・ヴァラエティ・プレイハウス、6月16日ワシントンDC〈DCジャズ・フェスト〉、6月22日ニューヨーク・ブルックリン〈セレブレイト・ブルックリン〉でライヴを行ない、その後、世界各地のフェスに出演するほか、夏にはヨーロッパ・ツアーを開催。日本公演は、8月28日(火)に東京・六本木 Billboard Live TOKYO、8月29日(水)と30日(木)に大阪・梅田 Billboard Live OSAKAで単独公演を開催するほか、9月1日(土)に東京・渋谷 NHKホールで開催される〈第17回 東京JAZZ〉に出演します。

 また、R+R=NOWを取り巻くメンバーや関係者を網羅した“R+R=NOW相関図(監修:柳樂光隆〈Jazz The New Chapter〉/ イラスト:yuki ohama)”を音楽で楽しめるプレイリストがApple MusicSpotifyで公開されています。

R+R=NOW相関図 by 柳樂光隆(Jazz The New Chapter)/ イラストby yuki ohama




■2018年6月15日(金)発売
R+R=NOW
コラージカリー・スピーキング

UCCQ-1085 2,500円 + 税

[収録曲]
01. チェンジ・オブ・トーン
02. アウェイク・トゥ・ユー
03. バイ・デザイン
04. レスティング・ウォリアー
05. ニーデッド・ユー・スティル feat. オマリ・ハードウィック
06. カラーズ・イン・ザ・ダーク
07. ザ・ナイト・イン・クエスチョン feat. テリー・クルーズ
08. リフレクト・リプライズ feat. スターリー
09. 彼女=現在 feat. アマンダ・シールズ
10. レスポンド
11. ビーン・オン・マイ・マインド feat. アンバー・ナヴラン
12. リフレクト・リプライズ - MC Rob G ヴァージョン(*日本盤のみボーナス・トラック)


[演奏]
ロバート・グラスパー(keys, rhodes)
テラス・マーティン(sax, vocoder, keys)
クリスチャン・スコット(tp)
デリック・ホッジ(b)
テイラー・マクファーリン(synth)
ジャスティン・タイソン(ds) ほか


R+R=NOW来日公演

2018年8月28日(火)
東京 六本木 Billboard Live TOKYO
1st 開場17:30 / 開演18:30
2nd 開場20:30 / 開演21:30

予約: ビルボードライブ東京 03-3405-1133
www.billboard-live.com/pg/shop/show/index.php?mode=detail1&event=11067&shop=1

2018年8月29日(水)〜30日(木)
大阪 梅田 Billboard Live OSAKA
www.billboard-live.com/pg/shop/show/index.php?mode=detail1&event=11006&shop=2

2018年8月31日(金)〜9月2日(日)
第17回 東京ジャズ
東京 NHKホール / 代々木公園ケヤキ並木 ほか
www.tokyo-jazz.com

R+R=NOW相関図プレイリスト
lnk.to/_RRNOW
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表[特集] スティング、「僕らには架け橋が必要なんだ」新作『ザ・ブリッジ』を本人のコメントとともに徹底解説
[インタビュー] 藤木大地、日本が世界に誇るカウンターテナーが舞台をもとにした新作アルバムを発表[インタビュー] “ひねくれポップの大団円”がつぽんず、初の全国流通版
[インタビュー] カーネーション、4年ぶり通算18枚目のアルバム[インタビュー] 在ノルウェーのピアニストがECMからの初リーダー作で聞かせる“静寂の美”、田中鮎美
[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い[インタビュー] スウィート&グルーヴィなSSW、待望の新作 kiki vivi lily
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015