ニュース

セミヨン・ビシュコフ&ウィーン・フィル、フランツ・シュミットの交響曲第2番をリリース

セミヨン・ビシュコフ(Semyon Bychkov)   2017/04/21 13:56掲載
MyCDJ お気に入りリストに「」を追加/削除する はてなブックマークに追加
 セミヨン・ビシュコフ(Semyon Bychkov)&ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団が、『フランツ・シュミット: 交響曲第2番&R.シュトラウス:炉端のまどろみ』(SICC-30428 2,600円 + 税)を4月26日(水)にリリース。フランツ・シュミットの交響曲第2番の国内盤は、1990年に発売されたネーメ・ヤルヴィ(Neeme Järvi)&シカゴ交響楽団による録音(英シャンドス)以来、26年ぶりの登場です。

 オーストリアの作曲家フランツ・シュミット(1874〜1939年)は、シェーンベルクと同年生まれながら、ブルックナーブラームスの伝統を受け継ぐ重厚な後期ロマン派的な作風で知られています。マーラー時代のウィーン国立歌劇場およびウィーン・フィルのチェリストを務め、1927年からはウィーン音楽アカデミー院長に就任し、オーストリア音楽界に多大な足跡を残しました。

 1911年 / 13年に書かれた交響曲第2番は、8本のホルンや打楽器を含む巨大編成で知られる大作。3つの楽章がモットー主題で結びつけられ、ナイーヴな抒情性・和声の繊細な変化が美しく、さらに変奏曲形式の第2楽章にはスケルツォとトリオが内包されるという個性的な構成です。

 初演の1年後にフェリックス・ヴァインガルトナー(Felix Weingartner)の指揮で取り上げて以来、作曲者自身のほか、ハンス・クナッパーツブッシュ(Hans Knappertsbusch)、ディミトリ・ミトロプーロス(Dimitris Mitropoulos)、エーリヒ・ラインスドルフ(Erich Leinsdorf)といった当代一流の名匠とともにこの曲を演奏してきたウィーン・フィル。ビシュコフとは2014年5月にこの曲を定期演奏会で演奏し、さらに2015年9月にも定期演奏会のほかヨーロッパ・ツアーで集中的に取り上げ、絶賛を博しました。その際に、ムジークフェラインで組まれたセッションで収録されたのが本アルバムです。

■2017年4月26日(水)発売
フランツ・シュミット: 交響曲第2番&R.シュトラウス:炉端のまどろみ
SICC-30428 2,600円 + 税

[収録曲]
01. フランツ・シュミット: 交響曲第2番変ホ長調
(1864-1949)
02. R.シュトラウス: 炉端のまどろみ(歌劇『インテルメッツォ』op.72より)

[演奏]
セミヨン・ビシュコフ指揮ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

[録音]
2015年9月1日〜4日 ウィーン ムジークフェラインザール
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] どんどん面倒臭い人間になって――グッドガールに別れを告げたテンテンコの目覚め[インタビュー] 虹のコンキスタドールがメジャー・デビュー! 赤組メンバーを徹底紹介
[インタビュー] やりたいのは“フェチじゃない”こと――ENDON『THROUGH THE MIRROR』に映るもの[インタビュー] 音楽に対してハングリーであるということ FEBB AS YOUNG MASON
[インタビュー] トロピカル・ミュージックの世界をあらゆる深度で探求する――ウィル・ホランド(クァンティック)がオンダトロピカ『Baile Bucanero』で目指したもの[インタビュー] どこかで“つながっている”3人 ゆるふわギャングが描く、未来の自分たち
[インタビュー] お箏ほどしっくりくる楽器はない――筝曲界の新星LEO、箏の可能性を追求するデビュー・アルバム[インタビュー] 今まででいちばん“物語”だけど、いちばん“自分”だと言える 吉澤嘉代子『屋根裏獣』
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015