ニュース

巨大ロボ戦にこだわり! 新スーパー戦隊『特命戦隊ゴーバスターズ』特別プレミア発表会

柴崎貴行   2012/01/31掲載(Last Update:12/02/23 14:52)
はてなブックマークに追加
巨大ロボ戦にこだわり! 新スーパー戦隊『特命戦隊ゴーバスターズ』特別プレミア発表会
 さる1月28日、東京ドームシティのプリズムホールにて、新スーパー戦隊『特命戦隊ゴーバスターズ』の特別プレミア発表会が開催されました。

 現在、35周年記念作品『海賊戦隊ゴーカイジャー』がTV放送のクライマックスを迎えていますが、過去の全スーパー戦隊が登場した『ゴーカイジャー』が“お祭り作品”とすれば、『特命戦隊ゴーバスターズ』は“〜レンジャー”の呼称を使用していないことも含めて、新時代に挑戦する意欲あふれる期待の作品です。

 記者会見では主役の3人をはじめとしたキャスト・スタッフ陣から力強いメッセージがありました。


新スーパー戦隊は3人


<東映:武部直美プロデューサー>
 「20年ぶりに巨大戦をロケで撮影しています。カメラアングルも質感も室内とは違いますので、ぜひ注目してください。キャスティングにもこだわり、最初からレベルの高い演技を要求しています」

柴崎貴行監督>
 「とにかくメカと巨大戦にこだわっています。ロボの表面処理など新しい表現も見てください。僕たちゴーバスターズのチームは新時代を目指していきます」

<レッドバスター:桜田ヒロム役/鈴木勝大
 「みなさんの期待通り、ではなく“期待を超える”気持ちでがんばっていきます! オープニングのロープで降りるカットをぜひ見てください」

<ブルーバスター:岩崎リュウジ役/馬場良馬
 「3人のなかでも年長者という設定のおかげで28歳にしてヒーローになることができました!」

<イエローバスター:宇佐美ヨーコ役/小宮有紗
「幼いころからヒーローが好きでした。アクションも演技もがんばっていきます!」

<司令官:黒木タケシ役/榊 英雄
「初心に戻ってがんばります! いまNGを一番出してますけど(笑)」


終始なごやかムードの記者会見


 そして、一般客も入った特別プレミア発表会では、新しい3人のヒーローに対して、先輩ヒーローのゴーカイジャーを演じる6人の俳優からのエールが贈られた後、主題歌を歌う高橋秀幸Project.R)の『特命戦隊ゴーバスターズ』主題歌「バスターズ レディーゴー!」のライヴ演奏がありました!

 アップテンポのスピード感ある楽曲は、“特命を受けミッションをこなす”というストーリー展開にふさわしく、キメの「シャットダウン!完了!特命戦隊ゴーバスターズ!」までハイテンションで一気に駆け抜ける、非常にカッコいいものです。また、エンディング・テーマの「キズナ 〜ゴーバスターズ!」を歌う“謎の新ユニットSTA☆MEN”にも要注目です。有名なあの人もいる!? 
 歌もドラマもロボ戦も大注目の新スーパー戦隊『特命戦隊ゴーバスターズ』。TV放送とCDの発売が待ち遠しいですね。主題歌シングルの限定盤には特製レンジャーキーも付くので忘れずにチェック! 最後に、上映中の映画『海賊戦隊ゴーカイジャーVS宇宙刑事ギャバン』(www.gokai-gavan.jp)もお見逃しなく。決め所でギャバンの主題歌やBGMが流れて感動ものです!


特命戦隊ゴーバスターズ
テレビ朝日系列 毎週日曜日 午前7:30〜8:00
2月26日(日)より放送開始(一部地域を除く)
【コロムビア特命戦隊ゴーバスターズ特設サイト】
http://columbia.jp/go-bus/

(C)2012 テレビ朝日・東映AG・東映
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
[インタビュー] 丸みのある、自然体の音楽 Opus Inn『Time Rolls On』[インタビュー] 消費者だったら消費者らしく盛り上がれ “侵食する”ARKHAM
[インタビュー] “歌がうたえればそれでいい”って思えるわたしでありたい 山崎あおい『FLAT』[インタビュー] クラシック音楽と人々、作曲家と現代人を“つなげる”清塚信也の最新アルバム『connect』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015