ニュース

荒天に見舞われた〈WORLD HAPPINESS 2014〉をレポート

高橋幸宏   2014/08/12 14:52掲載
はてなブックマークに追加
荒天に見舞われた〈WORLD HAPPINESS 2014〉をレポート
 8月10日(日)、東京・夢の島陸上競技場で野外フェス〈WORLD HAPPINESS 2014〉が開催。この日は台風11号が本土に接近、開演前は晴れ間すら見える天気模様でしたが、ちょうど1組目のPUFFYがステージに登場した頃には雨が降り出し、豪雨状態に。ステージにも雨や風が吹き込み、髪や衣装もずぶ濡れになる劣悪な環境の中、PUFFYは前に立ち向かう根性パフォーマンスを披露! 続くねごとのステージではウソのように雨は止み、真心ブラザーズがPUFFYの豪雨パフォーマンスを羨むMCをした途端に再び降り出し、赤い公園では激しい雨と、きまぐれ過ぎる天候に悩まされながらもフェスは進行していく。

 中盤には本フェスのキュレーターでもある高橋幸宏が、昨年リリースしたアルバム『LIFE ANEW』のレコーディング・メンバーを中心に構成された“In Phase”と共に登場。“究極の晴れ男”という異名を持つだけに見事、雨がやむとパフォーマンスはスタート。壮大なスケールの中、ゆったりと進むサウンドは身体にじんわりと響いてくる。

 続いてLEFT STAGEには4ピース・ロック・バンドのヒトリエ。圧倒的な熱量を披露すると、曇天の中、CENTER STAGEにはきゃりーぱみゅぱみゅ。総勢8人になるダンサーを従え、お馴染みのヒット曲を次々と歌い上げる。「2年前にはじめてここに出させてもらった時は、オトナの雰囲気がしてアウェーでした!」と当時の心境を告白すると、オーディエンスが暖かい声援をおくる一幕も!また、LEFT STAGEを飾った“シークレット・ゲスト”はお笑い芸人、ポカスカジャンの3人! 「ガリガリ君」のCMソングや音楽を絡めた持ちネタを繰り出し、場内を大爆笑の渦に包みこむ。

きゃりーぱみゅぱみゅ

 CENTER STAGEではワーハピ初登場のくるり。どこかノスタルジックで退廃的な香りもする「ハヴェルカ」でスタートすると、「三日月」「Morning Paper」「WORLD'S END SUPERNOVA」と、その色で会場を染め上げる。9月にリリースされる最新作『THE PIER』収録「Liberty & Gravity」から、「東京」でステージを降りると、LEFT STAGEは、こちらも初参加のcero。4人のサポート・メンバーを加えた大所帯で、懐かしく新しい東京発のシティ・ポップスを奏でる。

cero

 不安定な天候から周囲が暗くなり始めたころ、御大・細野晴臣がステージに。ワーハピ第1回から欠かさず参加していますが、ソロ名義での出演はこれが初。最近のツアーにも同行している高田 漣(g)、伊賀 航(b)、伊藤大地(ds)、野村卓史(key)に加え、はっぴいえんど時代からの盟友、鈴木 茂(g)がゲストで参加する盤石のメンバーのもと、自身が愛してやまない往年のスタンダード曲のカヴァーや、アルバム『HoSoNoVa』『Heavenly Music』の楽曲などが広がっていく。

細野晴臣

 鈴木慶一KERAが昨年結成した新ユニット、No Lie-Senseで折しも天候は再び暗転。この大粒の雨と強風をバックに、なんともシアトリカルなパフォーマンスとなりました。そしてCENTER STAGEのトリ前は結成25周年を迎えた電気グルーヴピエール瀧が「本日のスペシャル・ゲストは台風11号です!」と叫び会場は興奮の坩堝と化す! 雨もいつしか晴れ雲間に大きな満月が見え隠れするほどに回復、「Denki's Techtropolis」など嬉しい選曲も。

電気グルーヴ

 奇妙礼太郎トラベルスイング楽団は「どばどばどかん」に始まり、笠置シヅ子から松田聖子のカヴァーと縦横無尽な雑種ぶりを発揮。奇妙礼太郎の自在に飛び回るヴォーカル、12人の大編成バンドが放つ豪快なサウンド、さながら昭和時代のキャバレー音楽のような世界を繰り広げる。

 そして最後は本日2度目の出場となる高橋幸宏。In Phaseが生音を中心としたロックであるのに対し、METAFIVEは80年代のサウンドを忠実に再現する原理主義テクノ。「KEY」(『テクノデリック』)、「BALLET」(『BGM』)とYMOナンバーが続くと、9月6日より劇場公開される映画『攻殻機動隊ARISE border:4 Ghost Stands Alone』のエンディング・テーマも飛び出す。

 アンコールからはスペシャル・ゲストとして細野晴臣と土屋昌巳が参加。このふたりが高橋幸宏とステージで共演するのは〈YUKIHIRO TAKHASHI TOUR'82 WHAT ME WORRY〉以来32年ぶり(幸宏が細野を紹介する際には「ひとり足りないけど……」との言葉も)。YMO「中国女」、「CUE」という豪華共演を堪能。全15組のアーティストが参加し、8時間以上に及んだ長い1日はフィナーレを迎えました!

高橋幸宏

(PHOTO:Taem LIGHTSOME 三浦憲治)
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “あーた”から“AATA”へ 注目のシンガー・ソングライターがその音楽人生を振り返る超ロング・インタビュー![インタビュー] KAITO もう一回自分を“ここ”に戻してくれた音楽たち
[インタビュー] ケイコ・リーが70〜80年代洋楽ヒットなどを歌う[インタビュー] 日本のパンク・シーンに登場してから35年! 今も走り続けるNICKEYがベスト盤とミニ・アルバムを発表
[インタビュー] 進化するKIRINJI “シティ・ポップ”で“夜の匂い”のする14thアルバム[インタビュー] Carpainter ジャパニーズ・テクノへの懐古と再構
[インタビュー] chay 「今の時期だからこそ歌えた歌」心の成長や変化が昇華された新作[インタビュー] みずからを解き放ち、どこへでも自由に羽ばたいて行ける――ミロシュの復帰第1作『サウンド・オブ・サイレンス』
[インタビュー] 大阪在住の4人組、POP ART TOWNの1stアルバムに満ちるフレッシュなポップ・センス[インタビュー] 大切なのは生活リズムのメリハリ。“睡眠研究の権威” 西野精治教授が監修する眠りと目覚めのクラシックCD
[インタビュー] のろしレコード 松井文、折坂悠太、夜久一、シンガー・ソングライター3人が出会って生まれた歌[インタビュー] ピアニスト、ユップ・ベヴィンが映画『楽園』に提供した寂しさと希望の共存する音楽
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015