ニュース

ガレージ・サイケの名バンド ザ・シーズのスカイ・サクソンが死去

ザ・シーズ(The Seeds)   2009/06/26 14:34掲載
はてなブックマークに追加
 ガレージ・サイケを語るうえでは欠かせない名バンド、ザ・シーズ(The Seeds)のフロントマンとして活躍したスカイ・サクソン(Sky Saxon)が6月25日、米テキサスのオースティンにある病院にて死去しました。死因は明らかにされていませんが、内臓の伝染病を医師に指摘され、入院していたようです。

 誕生年にいくつかの説(1937年、45年、46年)があるスカイ・サクソンは、60年代初めよりミュージシャンとしてのキャリアをスタート。いくつかのバンドを経て、65年にザ・シーズを結成。ファズ・ギターとエレキ・ピアノをベースに、1コードか2コードでひたすら突っ走るナンバーを得意としたバンドで、翌66年には、唯一の全米トップ40ヒット・ナンバー「Pushin' Too Hard」を含んだデビュー作『ザ・シーズ』(写真)を発表します。

 ザ・シーズは68年に解散。その後は、いわゆるスピリチュアルな世界に魅了され表舞台から遠ざかっていましたが、2004年にSky Saxon & The Seeds名義でアルバム『RED PLANET』をリリースするなど活動を再開。2008年にはスマッシング・パンプキンズビリー・コーガンと新曲を制作していたようです。

 魔的な魅力を持つ歌声で、多くのリスナーを深みにはまらせた奇人スカイ・サクソン。心よりご冥福をお祈りします。
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “生命のありさま”みたいなもの――ORIGINAL LOVE『bless You!』[インタビュー] もっと正直になりたい――本気は、きっと伝わる 杏沙子『フェルマータ』
[インタビュー] 三遊亭円丈「恋のホワン・ホワン」など“カルトな名作”を手がけた中村俊夫がトリオ・レコードの軌跡を語る[インタビュー] 自分が魅せられた“ヒップホップ”を表現したかった “DEFなYが送る特別授業”YUKSTA-ILL『DEFY』
[インタビュー] 自分にとっては“禊”って感じ――LIBRO『SOUND SPIRIT』[インタビュー] 自分がどう思ったか、どう判断したか “らしさ”を模索するYoumentbay
[インタビュー] 稀代の名プロデューサー、トレヴァー・ホーンが80年代の名曲をフル・オーケストラとともにカヴァーしたニュー・アルバムを発表[インタビュー] “常に自分をアップデートさせたい”前向きな姿勢を反映したE.P第2弾、竹内アンナ『at TWO』
[インタビュー] みんな“トモダティ” エレクトロオルタナティブユニット“tomodati”登場[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表
[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015