ニュース

ガレージ・サイケの名バンド ザ・シーズのスカイ・サクソンが死去

ザ・シーズ(The Seeds)   2009/06/26 14:34掲載
はてなブックマークに追加
 ガレージ・サイケを語るうえでは欠かせない名バンド、ザ・シーズ(The Seeds)のフロントマンとして活躍したスカイ・サクソン(Sky Saxon)が6月25日、米テキサスのオースティンにある病院にて死去しました。死因は明らかにされていませんが、内臓の伝染病を医師に指摘され、入院していたようです。

 誕生年にいくつかの説(1937年、45年、46年)があるスカイ・サクソンは、60年代初めよりミュージシャンとしてのキャリアをスタート。いくつかのバンドを経て、65年にザ・シーズを結成。ファズ・ギターとエレキ・ピアノをベースに、1コードか2コードでひたすら突っ走るナンバーを得意としたバンドで、翌66年には、唯一の全米トップ40ヒット・ナンバー「Pushin' Too Hard」を含んだデビュー作『ザ・シーズ』(写真)を発表します。

 ザ・シーズは68年に解散。その後は、いわゆるスピリチュアルな世界に魅了され表舞台から遠ざかっていましたが、2004年にSky Saxon & The Seeds名義でアルバム『RED PLANET』をリリースするなど活動を再開。2008年にはスマッシング・パンプキンズビリー・コーガンと新曲を制作していたようです。

 魔的な魅力を持つ歌声で、多くのリスナーを深みにはまらせた奇人スカイ・サクソン。心よりご冥福をお祈りします。
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ハロプロ スッペシャ〜ル特別版 卒業直前! 宮崎由加(Juice=Juice)ロング・インタビュー[インタビュー] “シティ”から“タウン”へ “けもの”のユニークな創作のひみつ
[インタビュー] 音楽史上初めて登場した“ミニマル・ネイティヴ”のヴァイオリニスト、マリ・サムエルセンのDG専属契約第1弾ソロ・アルバム『マリ』[インタビュー] “令和最初の傑作”を読み解く 清 竜人 超ロング・インタビュー
[インタビュー] 島田奈美、最新ベストアルバム発売 島田奈央子、島田奈美を語る[インタビュー] “最強打線”をそろえた初のアルバム。DJ FUKUの『スタメン』
[特集] 「がんばれ!隠れ汗 プロジェクト」とは?『ビオレ さらさらパウダーシート』アニメCM公開中[インタビュー] ロイ-RöE-が描く『ストロベリーナイト・サーガ』の世界
[インタビュー] “まるで13本立てのカルト映画祭”ROLLYが新曲入りセルフカヴァー・アルバム『ROLLY[インタビュー] クールス対談 ジェームス藤木×近田春夫
[インタビュー] 君はひとりじゃないよ Karavi Roushi『清澄黒河』[インタビュー] 山口美央子×松武秀樹 〜1983年作の『月姫』以来となる新作『トキサカシマ』をハイレゾ音源で聴く
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015