ニュース

ザ・スリッツ、来日公演が決定!エイドリアン・シャーウッドも参加

ザ・スリッツ(THE SLITS)   2007/08/07掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 原人裸ジャケットの名作『カット』(写真)で知られる女性ニューウェイヴ・グループ、ザ・スリッツ昨年に25年ぶりの新曲を発表して話題を集めた彼女たちの来日公演がついに実現! イギリスのダブ・マスター、エイドリアン・シャーウッドの“DUB SESSIONツアー”の一環として10月に行なわれます。

 2006年5月の再結成ライヴから活動を再開した彼女たち。現在はアリ・アップとテサ・ポットのオリジナル・メンバーを含めた6人組となっているようで、来日公演もこのメンバーになる模様。当日は再結成ライヴと同じく、エイドリアン・シャーウッドがライヴ・ミックスを手がける予定です。

 来日公演は、東京(26日)、名古屋(28日)、大阪(29日)の3公演で、チケットの一般発売は8月25日からとなっています。アナタも記念すべきライヴを脳裏に焼き付けてみては?

 また、来日に先駆けて8月31日には、オフィシャル・ブートレグ・アルバム『In The Beginning, Typical Girls Were: Bootleg The Bootleg Vol.2』(JASKCD-201 税込3,654円)が発売される予定。80年11月・12月の米国ツアーの模様を収めたディスク1、79年1月のフランス・パリ公演を納めたディスク2の2枚組仕様で、ジャケットは当時イギリスで少数のみ出回ったTypical Girls名義のライヴ盤を紙ジャケット仕様で再現。当時のインタビューの完全対訳も掲載されたブックレットも付属されます。貴重な音源となっていますので、こちらもぜひ!
続報
スリッツ来日公演、東京・大阪のライヴ会場が判明
不明であった東京・大阪のライヴ会場が判明。再掲載いたしました。
[ 2007/08/15掲載 ]


≪Adrian Sherwood Dub Session Vol.03:The Slits × Adrian Sherwood≫

*10月26日 (金):東京 Shibuya O-EAST
【開場/開演】 18:00/18:00
【チケット】¥5,800(adv.drink fee charged@door) (チケットぴあ

*10月28日 (日):名古屋 クラブクアトロ
【開場/開演】 18:00/19:00
【チケット】¥5,800(スタンディング・1ドリンク付)、当日¥6,500(スタンディング・1ドリンク付)
【チケットの一般発売】8/25(土)〜(チケットぴあ

*10月29日 (金):大阪 BIG CAT
【開場/開演】 18:00/19:00
【チケット】¥5,800(adv.drink fee charged@door) (チケットぴあ

*詳しくはSmashまで。

『In The Beginning, Typical Girls Were: Bootleg The Bootleg Vol.2』(JASKCD-201 税込3,654円)
【ディスク1】
*(As "The Typical Girls") Live In Cincinnati & San Francisco
1. New Town
2. Walkabout
3. Man Next Door
4. Life On Earth
5. Grapevine
6. Typical Girls
7. Fade Away
8. In The Beginning
9. Or What Was It ?

【ディスク2】
*Live At The Gibus Club, Paris On Jan,26 '79
1. Split
2. Vaseline
3. So Touch
4. Newtown
5. Instant Hit
6. Une Homme Et Un Slit
7. Love & Romance
8. Femme Fatale
9. Shoplifting
10. Enemy Numere Uno
11. Split (Encore)
12. Shoplifting (Encore)

*内容は未定です。変更になる可能性はあります。
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “常に自分をアップデートさせたい”前向きな姿勢を反映したE.P第2弾、竹内アンナ『at TWO』[インタビュー] みんな“トモダティ” エレクトロオルタナティブユニット“tomodati”登場
[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015