ニュース

冨田 勲×初音ミクのコラボで宮沢賢治の宇宙を描いた 「イーハトーヴ交響曲」中国・北京公演が決定!

冨田勲   2015/04/02 15:59掲載
はてなブックマークに追加
冨田 勲×初音ミクのコラボで宮沢賢治の宇宙を描いた 「イーハトーヴ交響曲」中国・北京公演が決定!
 世界的作曲家として知られる冨田 勲がVOCALOID / ヴァーチャル・シンガーの初音ミクを起用して話題となった「イーハトーヴ交響曲」が、5月20日(水)に中国・北京で上演されることが決定しました!

 「イーハトーヴ交響曲」は、冨田が日本を代表する作家・宮沢賢治の世界を音で表現した交響曲。演奏には大オーケストラ・合唱団を要するとともに、ヴァーチャル・シンガー初音ミクをソリストとして起用しています。さらに初音ミクを開発したクリプトン・フューチャー・メディアの全面協力のもと、オーケストラが初音ミクの歌に合わせるのではなく、指揮者に合わせてミクの歌とCGモーションをすべてリアルタイムに演奏するという画期的なシステムを導入。2012年11月23日に東京オペラシティで行なわれた世界初演演奏会は大きな話題となりました。さらに、その後も全国各地で再演が繰り返され、初演の模様を収めたCDがクラシック音楽では異例の15,000枚を超えるセールスを記録するなど、ジャンルを飛び越えた新時代の音楽作品として人気を博しています。

 70〜80年代にかけて、シンセサイザー・アーティストの先駆者として米RCAから数々の革新的アルバムをリリースし、米ビルボード・クラシカル・アルバムチャート連続第1位[『展覧会の絵』(1975年)、『月の光』(1976年)、『惑星』(1977年)]を獲得、なかでもアルバム『惑星』では全世界で250万枚を超えるセールスを記録し、“世界のTOMITA”の名をほしいままにした冨田。「イーハトーヴ交響曲」は、中国でも絶大な人気を誇る初音ミクがコラボレーションした作品であることから、中国政府からの要請を受け、中国政府文化部や北京市人民政府などが主催する世界的にも注目されている芸術祭“相約北京芸術”の日本発の唯一のプログラムとして、今回の北京での上演が実現します。

 この北京公演では、北京のオーケストラであるEOS交響文献楽団が演奏を行ない、かたや合唱は、宮沢賢治の故郷、岩手のメンバーを中心とした日本の合唱団が担います。日本が生んだ世界的なヴァーチャル・シンガー、そして日本と中国のプレイヤーたちが一丸となり壮大な宮沢賢治の世界を音で描きます。

“2015相約北京芸術祭”特別イベント
〜「イーハトーヴ交響曲」北京公演


・「イーハトーヴ交響曲」北京公演
2015年5月20日(水)
中国・北京世紀劇院
開演 19:30

[曲目]
第1部 宇宙と音楽のシンフォニー
01. スター・ウォーズ
02. 惑星より火星 木星
03. ジャングル大帝〜ジャングルの朝〜動物たちのつどい
第2部 イーハトーヴ交響曲
01. 冨田勲:イーハトーヴ交響曲

[出演]
河合尚市指揮EOS交響文献楽団、イーハトーヴシンガーズ / 初音ミク(ヴァーチャル・シンガー) / ことぶき光(エレクトロニクス) / 梯郁夫(perc) / 高橋ドレミ(p)


・冨田 勲×KAGAYA スペシャルトークショー
2015年5月21日(木)
北京天文館 プラネタリウム
15:00〜17:00

[内容] 
第1部: 「銀河鉄道の夜」上映、冨田勲音楽放映
第2部: スペシャルトークショー

[主催]
中華人民共和国文化部 / 国家新聞出版広電総局 / 北京市人民政府

[共催]
株式会社ムーランプロモーション / 中国対外文化集団公司 / 北京市文化局

[後援]
経済産業省 / 在中国日本国大使館 / 独立行政法人国際交流基金 / 中国日本商会 / 公益社団法人日本中国友好協会 / 日本中国文化交流協会 / 一般財団法人日中経済協会 / 一般社団法人日中協会 / 日本政府観光局(JNTO) / 独立行政法人日本貿易振興機構(JETRO)

[制作協力]
日本コロムビア株式会社 / クリプトン・フューチャー・メディア株式会社
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実
[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー
[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生
[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ
[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション
[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede[インタビュー] 大井 健 コロナ被害からの再起 / みずからの新たな挑戦から生まれたクラシック・アルバム
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015