ニュース

ヴァン・ヘイレン完全復活! アデルに次いで全米2位を獲得!

ヴァン・ヘイレン   2012/02/16 15:53掲載
はてなブックマークに追加
ヴァン・ヘイレン完全復活! アデルに次いで全米2位を獲得!
 あの大ヒット曲「ジャンプ」も収録された名盤『1984』以来となる、デヴィッド・リー・ロス復活アルバム『ア・ディファレント・カインド・オブ・トゥルース』を発表したヴァン・ヘイレン(Van Halen)。全米アルバム・チャートでは、アデル『21』に次ぐ2位を記録! 日本ではオリコン週間アルバムランキングで総合3位(2月20日付)と絶好調のスタート。日本でも完全復活を見せつけています。

 アルバムを引っさげ、18日より全米ツアーをスタートさせるヴァン・ヘイレン。彼らのバンド・サウンドのキモとなるのは、もちろんエドワード・ヴァン・ヘイレンのギター。彼が自ら立ち上げたブランド「EVH」を日本で展開する(株)フェンダー・プロモーションの酒井賢二氏は、「デヴィッド・リー・ロス在籍時のヴァン・ヘイレンとしては28年振りなんですよね? 時間の経過と言う物はもっと残酷な物だと思っていました。こう言う復活劇は、ある程度暖かい目で接する必要があると言うか……。しかし、ニュー・アルバム『ア・ディファレント・カインド・オブ・トゥルース』は、『1984』からの空白がまるで嘘の様にフレッシュでパーティ感満載のサウンドが! これだよ、これ! モンスター・アメリカン・ロック・バンド、ヴァン・ヘイレン、完全復活です! 暖かい目で見ようとしてた自分が恥ずかしい。デヴィッドのセクスィ〜で、エロいヴォーカルと、エディーの弾きまくりのギター。これこそロック・バンドのマジックですね」と絶賛!

 さらに、ファンならずとも気になる“機材”について、「彼(エディー)の機材に対するこだわりは、非常にシビアなことで有名です(まさにプロフェッショナル)。エディーの機材(ギター、アンプ)は、これまでいくつかのパートナー(楽器メーカー)を経ていますが、これもこだわりの現れかと思います。そしてエディーが辿り着いた現在のパートナーは米国フェンダー社。彼の使用している機材“EVH”ブランドは、フェンダー社とのパートナーシップによって生み出された物です。この協力関係なしにこのアルバムは有り得なかったのではないでしょうか? ラウドでなおかつ弦の分離感を感じることの出来るサウンドは、EVH 5150III(アンプ)、wolfgang(ギター)ならでは。VAN-HALEN.COMで公開された映像にも、最新アンプ、5150III HD 50Wと、5150III MINI212sスピーカーが確認出来ます。長年刷り込まれた偉大な記憶は、そう簡単に消えません。しかし、それらをサラッと超えて見せた新生ヴァン・ヘイレン。エディの息子でベースのヴォルフガング・ヴァン・ヘイレンのプレイも気になります。4年振りとなるツアーを行なうとのことですし、来日を熱烈希望します!」と、コメントを寄せています。
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い[インタビュー] スウィート&グルーヴィなSSW、待望の新作 kiki vivi lily
[インタビュー] ローリング・ストーンズ、ジャム、レディオヘッド…UKロックの名曲に挑んだ7年ぶりの新作、1966カルテット[インタビュー] みやけん  人気ピアノYouTuberがいよいよCDデビュー!
[インタビュー] NHK「世界ふれあい街歩きコンサート」人気テレビ番組が生演奏とその音楽と公演の見どころを作曲家・村井秀清が語る大画面で楽しむコンサートに[特集] あれもこれも、やつらの仕事。天才クリエイター集団の実態に迫る、DRAWING AND MANUAL
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015