ニュース

ボブ・ディランの絵画展、日本で初開催!

ボブ・ディラン(Bob Dylan)   2010/10/08 14:58掲載
MyCDJ お気に入りリストに「」を追加/削除する はてなブックマークに追加
ボブ・ディランの絵画展、日本で初開催!
 ボブ・ディラン(Bob Dylan)の絵画展<BOB DYLAN EXHIBITION〜THE DRAWN BLANK SERIES〜>が11月6日より、東京・六本木ヒルズ umuで開催!

 ボブ・ディランの絵画展が開かれるきっかけとなったのは、1994年に出版された『Drawn Blank』という画集。ここには、1989年から1992年までのツアー中に描き溜めたスケッチ画が収められており、この画集に魅了されたドイツのキュレーターがボブ・ディランに「このスケッチに色をつけて描いてみたら?」と進言。これを受け、わずか8ヵ月の間に、肖像画、風景画、静物画、裸体画等、約300点近くの水彩画やガッシュ画を描き上げ、2007年10月、ドイツ・ケムニッツの美術館で初めての絵画個展が開催。この絵画展は評判を呼び、2008年6月と2010年2月にロンドンでも開かれ、今年9月からコペンハーゲンでも開催されています。

 ディランの描く絵画は、ゴッホやゴーギャン等の後期印象派の影響を強く受けていると評されており、実際、彼のアートとの最初の出会いは、1960年代にニューヨーク・メトロポリタン美術館で見たポール・ゴーギャン展覧会だそう。

 今回、日本にやってくるのは、『The Drawn Blank Series』と呼ばれる水彩画の原画22点と、リトグラフ約15点。原画にはディランの直筆サインが入り、すべての原画、リトグラフは購入が可能。展示される中での最安値は35,000ポンド(約460万円)で、最も高いのは122×92cmの大きさで描かれた線路の絵で、295,000ポンド(約3,900万円)だとか。一方、リトグラフは20〜40万円の価格帯なので、熱心なファンなら、頑張れば手が届く範囲かも。絵画展の入場料は無料なので、画家としてのボブ・ディランの世界をじっくり鑑賞できる、いい機会になりそう!


ボブ・ディラン絵画展
<BOB DYLAN EXHIBITION〜THE DRAWN BLANK SERIES〜>
http://bobdylanumu.jp/
●日時:11月6日(土) 〜21日(日)13:00〜20:00
●会場:六本木ヒルズ umu(東京都港区六本木6-9-1)
●入場料:無料


(C) William Claxton
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “好きだ!”という気持ちをぶつける対象があるだけで、人生はとても豊かになる――寺嶋由芙が目指す“ゆるドル”とは[インタビュー] 政府は飢えを武器にして人々を統制している――ケン・ローチ監督が語る「わたしは、ダニエル・ブレイク」
[特集] ジェイソン・モランに死角なし――「スガダイローとJASON MORANと東京と京都」[インタビュー] わたし自身が大好きな曲ばかり――寺下真理子『ロマンス』は様々な形の“愛”に因んだ作品
[インタビュー] クラシックの名曲を鼻歌のように――渋さ知らズが世界最古のアシッド・ミュージックに挑んだ『渋樹』[インタビュー] すでに“魂”は失われてしまった――チュス・グティエレス監督自身が語る「サクロモンテの丘〜ロマの洞窟フラメンコ」
[インタビュー] なんかいいのできた! どう? “Diggy-MO’ならでは”と“いい曲”の理想的なバランス『BEWITCHED』[インタビュー] “呼吸”こそ歌――双子ソプラノ・デュオ、山田姉妹が歌う昭和の名曲たち
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015