ニュース

ボブ・ディランの絵画展、日本で初開催!

ボブ・ディラン(Bob Dylan)   2010/10/08 14:58掲載
はてなブックマークに追加
ボブ・ディランの絵画展、日本で初開催!
 ボブ・ディラン(Bob Dylan)の絵画展<BOB DYLAN EXHIBITION〜THE DRAWN BLANK SERIES〜>が11月6日より、東京・六本木ヒルズ umuで開催!

 ボブ・ディランの絵画展が開かれるきっかけとなったのは、1994年に出版された『Drawn Blank』という画集。ここには、1989年から1992年までのツアー中に描き溜めたスケッチ画が収められており、この画集に魅了されたドイツのキュレーターがボブ・ディランに「このスケッチに色をつけて描いてみたら?」と進言。これを受け、わずか8ヵ月の間に、肖像画、風景画、静物画、裸体画等、約300点近くの水彩画やガッシュ画を描き上げ、2007年10月、ドイツ・ケムニッツの美術館で初めての絵画個展が開催。この絵画展は評判を呼び、2008年6月と2010年2月にロンドンでも開かれ、今年9月からコペンハーゲンでも開催されています。

 ディランの描く絵画は、ゴッホやゴーギャン等の後期印象派の影響を強く受けていると評されており、実際、彼のアートとの最初の出会いは、1960年代にニューヨーク・メトロポリタン美術館で見たポール・ゴーギャン展覧会だそう。

 今回、日本にやってくるのは、『The Drawn Blank Series』と呼ばれる水彩画の原画22点と、リトグラフ約15点。原画にはディランの直筆サインが入り、すべての原画、リトグラフは購入が可能。展示される中での最安値は35,000ポンド(約460万円)で、最も高いのは122×92cmの大きさで描かれた線路の絵で、295,000ポンド(約3,900万円)だとか。一方、リトグラフは20〜40万円の価格帯なので、熱心なファンなら、頑張れば手が届く範囲かも。絵画展の入場料は無料なので、画家としてのボブ・ディランの世界をじっくり鑑賞できる、いい機会になりそう!


ボブ・ディラン絵画展
<BOB DYLAN EXHIBITION〜THE DRAWN BLANK SERIES〜>
http://bobdylanumu.jp/
●日時:11月6日(土) 〜21日(日)13:00〜20:00
●会場:六本木ヒルズ umu(東京都港区六本木6-9-1)
●入場料:無料


(C) William Claxton
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] アイドルやめた――“渋谷系ガールズロックユニット”に転身したCANDY GO!GO!のリアル[インタビュー] KANDYTOWNの新たな方向性も感じさせるソロ・アルバム、MUD『Make U Dirty』
[インタビュー] 音楽にとどまらない、発想としての面白さ――ジェフ・パーカーがゆっくり語る『The New Breed』[インタビュー] 良い意味で遠回りをしてきた――20周年を前に、韻シストが開けた次への扉
[インタビュー] 過去を否定せず、未来を大切にする 渡瀬マキが語る“Fresh”なLINDBERG[インタビュー] トロピカルハウスを取り入れても、最後は自分たちの曲になる ココロオークションの自信と革新性
[インタビュー] ファースト・キスは1回しかないのがいい メンバーの“リアル”を大声で歌うロック・バンド、The MANJI[インタビュー] “熱さ”が戻ってきた――ユニットとしての自覚が芽生えた“今のChu-Z”
[インタビュー] 便利で何でも手に入る時代だからこそ必要なこと――須永辰緒が導くジャズ最前線[インタビュー] ふっと飛び込んでくるワンフレーズ “現場の音楽”HIT『Be!!』
[インタビュー] 深くて豊かな音楽を目指した“名盤” 石橋 凌『may Burn!』[インタビュー] 私は変わり続ける。それは“出会い”を意味しているから――コリーヌ・ベイリー・レイ
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015