ニュース

映画「ワンダーウーマン」の本予告&ポスター・ヴィジュアル公開

ガル・ガドット   2017/06/13 16:33掲載
はてなブックマークに追加
映画「ワンダーウーマン」の本予告&ポスター・ヴィジュアル公開
 “バットマン”や“スーパーマン”で知られる、DCコミックの女性スーパーヒーローを主役に据えた映画「ワンダーウーマン」が、8月25日(金)より全国でロードショー。封切に先駆け、本予告編と凛とした表情のワンダーウーマンを捉えたポスター・ヴィジュアルが公開されました。

 本作は人間社会から距離を置き、女性だけで生きる一族に生まれた“プリンセス・ダイアナ”ことワンダーウーマンの活躍を描いたアクション作。ワンダーウーマンがスクリーンに初登場した『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』に引き続きガル・ガドットが車を持ち上げるほどのスーパーパワーを持つ主人公を演じているほか、クリス・パインがワンダーウーマンと行動を共にする“スティーブ”を演じています。

 公開された本予告編は、ダイアナが飛行機の不時着で島に流れ着いたスティーブを眺め、初めて見る男性に興味を持つ場面からスタート。剣や投げ縄、弓などの武器を巧みに操り戦う場面と、街中で剣を持ち歩き、スティーブに注意されるコミカルなシーンなどが映し出されていきます。ガドットは「彼女(ワンダーウーマン)がいかに大人になっていき、世界を違った目で見るようになるかという旅路を描き、彼女の成長物語になっているの」と作品についてコメント。また悩みや葛藤を抱える等身大の女性としての魅力を兼ね備えたヒーロー像に関して「女性なら誰もがワンダーウーマンよ。世界中のお母さんや働く女性、人々を癒す女性たちなど様々な女性たちがそうなの。本当にそう思うわ」と語っています。



「ワンダーウーマン」
2017年8月25日(金)より全国でロードショー(3D / 2D / IMAX)
wwws.warnerbros.co.jp/wonderwoman

監督: パティ・ジェンキンス
出演: ガル・ガドット / クリス・パイン

配給: ワーナー・ブラザース映画
©2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.AND RATPAC-DUNEENTERTAINMENT LLC
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 屈強でしなやかな東京のヒップホップ――KANDYTOWNのビートメイカー、MIKIがファースト・ソロ・アルバム『137』を発表[インタビュー] より肉体的なものへ――神奈川・逗子を拠点とするHalf Mile Beach Clubが初の単独作を発表
[インタビュー] “続編”ではなく“新作”を作ろう きゃりーぱみゅぱみゅ「きみのみかた」[インタビュー] “俺の不幸で踊ってくれ!”――沖縄出身のラッパー、唾奇が最新作『道-TAO-』をリリース
[特集] [LIVE Report] まっすぐな気持ちを届けてくれる藤田麻衣子の歌[インタビュー] 自分というジャンルをちゃんと作りたい “シンガー・ソングライター”Nao Kawamura初のフル・アルバム『Kvarda』
[インタビュー] 「アワ・マン・イン・トーキョー〜バラッド・オブ・シン・ミヤタ」、宮田 信の仕事とは?[特集] ヘルベルト・フォン・カラヤン生誕110年記念! 数々の名盤が“理想の音”に迫る高音質で登場
[インタビュー] いい歌をたくさん歌って、レコーディングして残したい――フォルテ・ディ・クアトロのセカンド・アルバム『アヴェ・マリア〜CLASSICA』[インタビュー] 決め手は興奮が蘇ってくるかどうか――THOUSAND EYESが放つ“最高傑作”『DAY OF SALVATION』
[インタビュー] “ヤバさ”はこれだ――BES&ISSUGIの自信が浮かび上がる『VIRIDIAN SHOOT』[インタビュー] 小曽根 真 既存の概念を打ち壊すのではなく、共存するイメージで―― ニューヨーク・フィルハーモニックと共演した『ビヨンド・ボーダーズ』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015