ニュース

映画「ワンダーウーマン」の本予告&ポスター・ヴィジュアル公開

ガル・ガドット   2017/06/13 16:33掲載
はてなブックマークに追加
映画「ワンダーウーマン」の本予告&ポスター・ヴィジュアル公開
 “バットマン”や“スーパーマン”で知られる、DCコミックの女性スーパーヒーローを主役に据えた映画「ワンダーウーマン」が、8月25日(金)より全国でロードショー。封切に先駆け、本予告編と凛とした表情のワンダーウーマンを捉えたポスター・ヴィジュアルが公開されました。

 本作は人間社会から距離を置き、女性だけで生きる一族に生まれた“プリンセス・ダイアナ”ことワンダーウーマンの活躍を描いたアクション作。ワンダーウーマンがスクリーンに初登場した『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』に引き続きガル・ガドットが車を持ち上げるほどのスーパーパワーを持つ主人公を演じているほか、クリス・パインがワンダーウーマンと行動を共にする“スティーブ”を演じています。

 公開された本予告編は、ダイアナが飛行機の不時着で島に流れ着いたスティーブを眺め、初めて見る男性に興味を持つ場面からスタート。剣や投げ縄、弓などの武器を巧みに操り戦う場面と、街中で剣を持ち歩き、スティーブに注意されるコミカルなシーンなどが映し出されていきます。ガドットは「彼女(ワンダーウーマン)がいかに大人になっていき、世界を違った目で見るようになるかという旅路を描き、彼女の成長物語になっているの」と作品についてコメント。また悩みや葛藤を抱える等身大の女性としての魅力を兼ね備えたヒーロー像に関して「女性なら誰もがワンダーウーマンよ。世界中のお母さんや働く女性、人々を癒す女性たちなど様々な女性たちがそうなの。本当にそう思うわ」と語っています。



「ワンダーウーマン」
2017年8月25日(金)より全国でロードショー(3D / 2D / IMAX)
wwws.warnerbros.co.jp/wonderwoman

監督: パティ・ジェンキンス
出演: ガル・ガドット / クリス・パイン

配給: ワーナー・ブラザース映画
©2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.AND RATPAC-DUNEENTERTAINMENT LLC
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 上原ひろみが驚異のハープ奏者エドマール・カスタネーダとのデュオ・プロジェクトを始動[インタビュー] “いいっすよ”から17年――サイプレス上野とロベルト吉野、ミニ・アルバム『大海賊』でメジャー・デビュー
[インタビュー] “今この時”を、考える――中村雅俊が「どこへ時が流れても / まだ僕にできることがあるだろう」に込めた同世代へのメッセージ[インタビュー] “何があっても”楽しく生きるんだという覚悟 真心ブラザーズ『FLOW ON THE CLOUD』
[インタビュー] サクソフォン四重奏を知らないかたにも素晴らしさを伝えたい――The Rev Saxophone Quartetが追求する伝統とオリジナリティ[インタビュー] ヒグチアイが目指す歌は、おしゃれじゃないけど“大切にしてきたもの”
[インタビュー] 若いリスナーにも良い音楽を届けたい――MASATOとMinnesotahが語る『KANDYTOWN LIFE presents “Land of 1000 Classics”』[インタビュー] Less Than TV25周年 大石規湖監督が記録した“ある家族”の日常、ドキュメンタリー映画「MOTHER FUCKER」
[インタビュー] ISEKIが追求する“自分らしさ”とは J-POPカヴァー集第2弾『AOR FLAVA -sweet blue-』[インタビュー] アイドルやめた――“渋谷系ガールズロックユニット”に転身したCANDY GO!GO!のリアル
[インタビュー] KANDYTOWNの新たな方向性も感じさせるソロ・アルバム、MUD『Make U Dirty』[インタビュー] 音楽にとどまらない、発想としての面白さ――ジェフ・パーカーがゆっくり語る『The New Breed』
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015