ニュース

日本初公開の前衛スリラー『男女残酷物語/サソリ決戦』、ポスター&場面写真公開 謎だった“あらすじ”も明らかに

2024/04/17 13:43掲載
はてなブックマークに追加
日本初公開の前衛スリラー『男女残酷物語/サソリ決戦』、ポスター&場面写真公開 謎だった“あらすじ”も明らかに
 これまで一切日本に紹介された形跡のない、1969年のイタリア製“ウルトラ・ポップ・アヴァンギャルド・セックス・スリラー”『FeminaRidens』(原題)が、邦題『男女残酷物語/サソリ決戦』として、6月7日(金)より東京・新宿武蔵野館、東京・渋谷ホワイトシネクイントにて日本劇場初公開、以降、ほか全国順次公開となります。このたび、日本版ポスター・ヴィジュアルと場面写真、さらに謎のベールに包まれていた“あらすじ”も公開されました。

 本作は、終わりなき男女の対決を描き、『華麗なる殺人』(65)、『バーバレラ』(67)、『女性上位時代』(68)といった時代を象徴する作品に匹敵する内容ながらも50年以上もの間埋もれ、海外でようやく近年その存在と価値が発見された作品。日本ではほとんど誰にも知られることなく、この上映が本邦初公開となります。

 先日、その日本劇場初公開ととも特報映像が公開されるや否や、「前衛的でポップ!」「キメキメで尖った映像」「こりゃまた凄い映画があったもんだ!」とはじめて観る映像とその世界に心を奪われる人々が続出。音楽は『ベニスの愛』(70)『夜行性情欲魔』(71)『血みどろの入江』(71)などを手掛けるイタリア映画音楽の巨匠・ステルヴィオ・チプリアーニによるもので、音楽愛好家は「スコアがとにかく絶品!」と震え、フランスの芸術家ニキ・ド・サンファルによる作品〈ホン〉のレプリカが登場することから、アート好き方面には「ニキ好きとしては見逃せない」と、その邦題のインパクトのみならず芸術点の高さからも各方面から注目を浴びています。

 今回、日本オリジナルとなる日本版ポスター・ヴィジュアルが公開。女性と男性の半身が、あたかも銅像のように佇みながらも、その境界線は互いに入り組み、その視線は交わることはなく、邦題と本作のテーマである“男女の対決”を表現したもの。挑発的な女性の表情に対し、どこか憂慮するようにも見える男性の表情が印象的ですが、この2人を演じるのは、『黄金の七人』(65)、『女性上位時代』、『愛の嵐』(73)の名優フィリップ・ルロワと、マリオ・バーヴァルチオ・フルチ作品にも出演したドイツの女優ダグマー・ラッサンダー。中央下にはニキ・ド・サンファルによる作品≪ホン≫のレプリカが鎮座しており、その傍らには意味深に骸骨が。「こんなの、はじめて。」というコピーが、本編の未知なる映像世界と物語が織りなす鮮烈な体験を予感させる仕上がりです。また、解禁となった場面写真は、仲睦まじく写真に収まる男女のカットや、巨大女性像〈ホン〉に向かう男、口を封じられた女、そっくりな人形〈俺人形〉と並ぶ男という4点。どこも普通ではない瞬間と展開への想像が膨らむ内容となっています。

 さらに、日本では存在自体が確認されていなかったが故に謎のベールに包まれていた“あらすじ”も、今回公開となりました。

――精巧な拷問技術の達人という裏の顔を持つ慈善財団大幹部セイヤーは、ジャーナリストのメアリーを拉致監禁、ハイテク装備満載の秘密のアジトで、想像を絶する肉体的、精神的凌辱の限りを尽くす。だが、言葉にできない恥辱を受けても微笑むメアリーはセイヤーの想像を遥かに超えていた。弱音を吐き始めるセイヤー。いま、洗練と野蛮が表裏一体の、性の対決がはじまる。――

 海外では、「性的異常がこれほど魅惑的に感じられる映画は他にない」「究極的に完璧なクライマックスへと発展する。満点」「すべてのフレームが単独でも機能する」「スタイリッシュで、非道徳的で、完全に狂った恥知らずのエンターテインメントだ!」と驚きの声が挙がり続けているとのこと。物語の普遍性もさることながら、美術面、音楽面のどれを取っても全編を通して隙がない本作。“誰も知らない、誰も観たことがない、55年前の新作映画”に期待が高まります。

拡大表示


拡大表示


拡大表示


拡大表示



©1969 – Cemo Film (Italia) - Surf Film All Rights Reserved -

映画『男女残酷物語/サソリ決戦』
2024年6月7日(金)より新宿武蔵野館、渋谷ホワイトシネクイントほか全国順次公開
unpfilm.com/danjyozankoku
キングレコード提供 アンプラグド配給/イタリア残酷超特作
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] AATA  過去と現在の自分を全肯定してあげたい 10年間の集大成となる自信の一枚が完成[インタビュー] ソウル&ファンク・ユニットMen Spyder 初のEPを発表
[インタビュー] KMC 全曲O.N.Oによるビート THA BLUE HERBプロデュースの新作[インタビュー] 魚返明未 日本の新世代ジャズを牽引するピアニストが、新たなトリオでアルバムを発表
[インタビュー] みやけん 人気ピアノYouTuber 『俺のヒットパレード!』第4弾リリース![インタビュー] Billyrrom 注目の新世代バンドに聞く新章突入と〈HEADZ 〜NEW HOT WAVE〜〉出演への思い
[インタビュー] 町あかりの歌謡曲・春夏秋冬 春のテーマは「ディスコ」![インタビュー] Arvin homa aya  実力派シンガーの話題曲 アナログで連続リリース
[インタビュー] ジェイコブ・コーラー × kiki ピアノ 凄腕師弟コンビ[インタビュー] 文坂なの \
[インタビュー] 人気ジャズ・ピアニストが立ち上げた新レーベル 第1弾は田中裕梨とのコラボ・シングル[特集] いよいよ完結!? 戦慄怪奇ワールド コワすぎ!
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015