ニュース

諸田コウが在籍、変拍子スラッシュ・バンドDOOMがリイシュー!

2006/12/04掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 ZADKIELに在籍したベーシスト諸田コウと藤田タカシ、広川錠一の3人により1986年に結成、GASTUNKSHELLSHOCKらとヘヴィ・メタルとハードコア・パンクのクロスオーヴァー・シーン黎明期を築いたバンドDOOM(ドゥーム)。彼らがメジャー・デビュー後にリリースしたアルバム4タイトルが1月24日に再発されることが決定しました。(写真は88年リリースの『Complicated Mind』)
 DOOMはインディーズ時代にリリースした作品や精力的なライヴ活動、またその比類なき音楽性によって国内外から大きな注目を集め、88年にビクターから『Killing Field』でメジャー・デビュー。のちにドラムの広川錠一が脱退し、GASTUNKのPAZZが加入したものの活動休止。メンバーはTHE MAD CAPSULE MARKETSへのサポート参加やソロ活動、BAKIとのユニット、#9などで活躍していましたが、残念ながら99年にベーシストだった諸田コウが急逝。その後ギタリスト藤田タカシのソロ・ユニットとして現在も散発的にライヴが行なわれています。

 DOOMはなんといっても諸田コウのフレットレス・ベースから繰り出される難解とも言える、理知的で複雑な構成の変拍子と、スリリングで冷たく乾いた、感情的でありながらもドライなギター・ヴォーカルでシーンに大きなインパクトを与えたバンド。今回のリイシューではメジャー1stアルバムが『Killing Field+4』として『SKULLSLASH ZONE』や『Dance2Noise』シリーズなどの各種コンピ盤に提供した楽曲も同時収録されるとのこと。ラウド/ヘヴィ・ミュージック・シーンの歴史の中にDOOMを“伝説”や“カルト・バンド”の称号を与えたまま埋没させることは許されません! ぜひインディーズ時代の名盤『GO MAD YOURSELF』『NO MORE PAIN』も再発を!


すべて2007年1月24日発売
『Killing Field+4』(オリジナル:1988年リリース)
VICL-62213 \2,310(税込)
※アルバム『Killing Field』にボーナストラックとして下記楽曲が収録予定。
( )は提供されたコンピ盤タイトル

You End.Get Up!You(『SKULL SLASH ZONE VOL.1』)
Dooms Days(『SKULL SLASH ZONE VOL.1』)
Will Never End(『Dance 2 Noise 003』)
Parasite(『Dance 2 Noise 006』)

『Complicated Mind 』(オリジナル:1988年リリース)
VICL-62214 \2,310(税込)

『Incompetent』(オリジナル:1989年リリース)
VICL-62215 \2,310(税込)

『Human Noise』(オリジナル:1991年リリース)
VICL-62216 \2,310(税込)
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 形に残すことの大事さ 輪入道×N0uTY[インタビュー] シンガー・ソングライターとしての側面にスポットをあてたTOKU『ORIGINAL SONGBOOK』
[インタビュー] “生命のありさま”みたいなもの――ORIGINAL LOVE『bless You!』[インタビュー] もっと正直になりたい――本気は、きっと伝わる 杏沙子『フェルマータ』
[インタビュー] 三遊亭円丈「恋のホワン・ホワン」など“カルトな名作”を手がけた中村俊夫がトリオ・レコードの軌跡を語る[インタビュー] 自分が魅せられた“ヒップホップ”を表現したかった “DEFなYが送る特別授業”YUKSTA-ILL『DEFY』
[インタビュー] 自分にとっては“禊”って感じ――LIBRO『SOUND SPIRIT』[インタビュー] 自分がどう思ったか、どう判断したか “らしさ”を模索するYoumentbay
[インタビュー] 稀代の名プロデューサー、トレヴァー・ホーンが80年代の名曲をフル・オーケストラとともにカヴァーしたニュー・アルバムを発表[インタビュー] みんな“トモダティ” エレクトロオルタナティブユニット“tomodati”登場
[インタビュー] “常に自分をアップデートさせたい”前向きな姿勢を反映したE.P第2弾、竹内アンナ『at TWO』[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015