ニュース

『ナイトライダー』映画化決定!! ベン・アフレック出演か!?

2004/04/15掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 人口知能を持つ、洒落たスーパーカー“KITT”が大活躍するアメリカの人気TVドラマ『ナイトライダー』を覚えていますか? 『エアウルフ』『マイアミバイス』と並び、日本で放映されたアクション系海外ドラマの中でも高い人気を誇ったこの作品。昨年11月にはファンの夢叶って『ベスト・オブ・ナイトライダー』(写真)としてDVD-BOXで復活し、ゆっくりと、そして確実に“ナイトライダー”旋風が巻き起こりつつある今日この頃。そんななか、ついに復興運動の頂点と言えそうなニュースが届きました!!
 『ナイトライダー』がハリウッドで映画化決定です!!  しかも、TV版で主人公マイケル・ナイトを演じたデヴィッド・ハッセルホフ自身がプロデュース!! 1991年に制作した番外編『新・ナイトライダー2000』では、かろうじて主役を演じたデヴィッド・ハッセルホフですが、年齢も年齢なので、今回はマイケル・ナイトを演じるものの、主役では無く、主人公の良きアドバイザー的存在(つまりはデボン・シャイアー的役柄)に回るとのこと。今回はマイケルの息子が主人公となって、父の仕事を受け継いで活躍するそうなのですが、何と、その主人公役には現在公開中『ペイチェック〜消された記憶』(ジョン・ウー監督)でお馴染みのベン・アフレックが挙がっているそうです!! ベンと言えば今年、フィアンセだったジェニファー・ロペスとの破局報道が世間を賑わせたばかり。2003年には『デアデビル』で“ワースト・キス・シーン賞”ノミネート、2004年にはジェニファー・ロペスと共演した問題作『GIGLI』で“ワースト主演男優賞”&“ワースト・スクリーン・カップル賞”をダブル受賞するなど、すっかりラジー賞の常連となってしまった彼。「ベンで大丈夫?」と思うファンもいるかと思いますが、彼のオフビートな感覚は本作にピッタリかもしれません!!
 ファンとしては、デボンや、メカニック担当のお姉様“ボニー・バストー”等、細部のキャスティングが当然気になりますが、こちらは未定とのことです。

 最も重要なKITTの声に関して、ハッセルホフはオリジナルのウィリアム・ダニエルズを強く希望しているようですが、我々としては、むしろ野島昭生による日本語吹替えを強く希望したいですね!! 今年の後半にクランク・インして、2005年の公開を目指すとのこと。いやはや、これは楽しみ!!
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ポップ・マエストロ、松尾清憲 新章の幕開けを飾る『All the World is Made of Stories』[インタビュー] まず“自分という人”がいて、そのなかに“音楽家、ギタリスト”の自分がいる――“いま”の村治佳織を投影させた『シネマ』
[インタビュー] 俺らなりのヒップホップを提示するだけ―― BULL CAMP×MIKRIS[インタビュー] 歌い継がれることで更新されていくポップ・ミュージック ザ・なつやすみバンド『映像』
[インタビュー] kamui&なかむらみなみ TENG GANG STARRは“夢”に生きる[インタビュー] 音楽に滲む風景 mabanua『Blurred』
[インタビュー] 変わりゆく同じグルーヴ――BUDAMUNK『Movin’ Scent』[インタビュー] “この一瞬をどう生きるか”――桑原あい『To The End Of This World』
[インタビュー] 結果が全て――結成11年目を迎えた岸田教団&THE明星ロケッツの新作「シリウス」[特集] 【Live Report】愛と熱狂のF6初単独ツアー!
[インタビュー] 生まれ変わる必要なく、いつでも少年の心に戻れる――KOJOE『2nd Childhood』[インタビュー] “バトル・ブーム以降”を踏まえて、大きな場所でやることの意味 輪入道『暴道祭』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015