ニュース

鍵盤男子、デビュー・アルバム『The future of piano』のジャケット写真を公開

鍵盤男子   2017/10/13 14:20掲載
はてなブックマークに追加
 ピアニストの大井健と作曲家の中村匡宏から成るピアノ・デュオ“鍵盤男子”が、11月29日(水)にリリースするデビュー・アルバム『The future of piano』(WPCS-13739 2,800円 + 税)のジャケット写真を公開。アルバム発売の翌日30日(木)には、東京・品川プリンスホテル クラブeXにて〈鍵盤男子デビューコンサート Anniversary Special Live The future of piano〉も開催。

 アルバムのジャケット撮影は、総合楽器メーカー、ヤマハの“ヤマハ掛川工場”(静岡県掛川市)で特別に撮影許可を得て行なわれました。掛川工場ではグランドピアノ、アップライトピアノが年間約2万台製造されており、工場の敷地面積は東京ドーム5つ分の広さです。

 メカニカルな機材が整然と並ぶ空間の中、鍵盤男子がピアノ製品の一部のように組み込まれ、これから外の世界に出荷され歩き出していくようなジャケット写真に仕上がっています。

 10月13日(金)からは、『The future of piano』よりリード・トラック「The future of piano」のダウンロード / ストリーミング配信がスタート。これからも発売日に向けて、カウントダウンのように楽曲が先行配信されていく予定です。

 なお、iTunesでは、CDブックレットとは異なる鍵盤男子の写真を掲載したPDFブックレットがアルバムの購入特典となっています。

■2017年11月29日(水)発売
鍵盤男子
The future of piano

WPCS-13739 2,800円 + 税

[収録曲]
01. The future of piano
02. power toccata
03. bolero(ラヴェル作曲)※
04. 言わなきゃよかった、なんてちっとも思ってないくせに…
05. sad smile
06. don’t look back in anger (オリジナル・アーティスト: OASIS)※
07. pink elephant
08. pomp and circumstance(エルガー作曲 / 威風堂々)※
09. creep (オリジナル・アーティスト: RADIOHEAD)※
10. viva la vida (オリジナル・アーティスト: Coldplay )※
11. spiral switch
※カヴァー

鍵盤男子デビューコンサート
Anniversary Special Live
The future of piano

www.kenbandanshi.com/live
2017年11月30日(木)
東京 品川プリンスホテル アネックス3F クラブex
ファーストステージ「THE HISTORY  ザ・ヒストリー」14:30〜​
セカンドステージ「THE FUTURE ザ・フューチャー」18:30​〜
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ノリとヴァイブスだけで作った音楽を“ヒップホップ”としてパッケージ化する GRADIS NICE & YOUNG MAS(Febb)[インタビュー] 密接な関係性ありきの音楽 MIKUMARI×OWL BEATS『FINEMALT NO.7』
[インタビュー] (想像以上に)挙動不審!? 廣瀬真理子が総勢22人の“ドリアンな奴ら”を率いてアルバムをリリース[インタビュー] 「知らない土地で出会う風景や人から音楽が生まれる」 ――ピアニスト、ジェイコブ・コーラーが描くシネマティックな世界
[インタビュー] 上原ひろみが驚異のハープ奏者エドマール・カスタネーダとのデュオ・プロジェクトを始動[インタビュー] “いいっすよ”から17年――サイプレス上野とロベルト吉野、ミニ・アルバム『大海賊』でメジャー・デビュー
[インタビュー] “今この時”を、考える――中村雅俊が「どこへ時が流れても / まだ僕にできることがあるだろう」に込めた同世代へのメッセージ[インタビュー] “何があっても”楽しく生きるんだという覚悟 真心ブラザーズ『FLOW ON THE CLOUD』
[インタビュー] サクソフォン四重奏を知らないかたにも素晴らしさを伝えたい――The Rev Saxophone Quartetが追求する伝統とオリジナリティ[インタビュー] ヒグチアイが目指す歌は、おしゃれじゃないけど“大切にしてきたもの”
[インタビュー] 若いリスナーにも良い音楽を届けたい――MASATOとMinnesotahが語る『KANDYTOWN LIFE presents “Land of 1000 Classics”』[インタビュー] Less Than TV25周年 大石規湖監督が記録した“ある家族”の日常、ドキュメンタリー映画「MOTHER FUCKER」
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015