ニュース

阿久悠トリビュート第2弾! 『歌鬼2』が発売決定

阿久悠   2009/01/15 15:48掲載
はてなブックマークに追加
 昨年夏にリリースされた第1弾に続き、稀代の作詞家、阿久悠のトリビュート・アルバム第2弾が発売決定! 『歌鬼2 〜阿久悠 VS. フォーク〜』(2枚組スペシャル・エディション:UPCH-20142〜3 税込3,800円、通常盤:UPCH-20144 税込3,000円)は2月4日登場です!

 フォーク・シンガーたちによる阿久悠作品のカヴァー・アルバムとなった本作。顔ぶれは、イルカあがた森魚トワ・エ・モワ因幡晃木村充揮ら豪華なラインナップ。当時、歌謡曲とは一線を画して活躍していたフォーク・シンガーたちが、阿久悠作品を新たな解釈でカヴァー! あっと驚く組み合わせを堪能しましょう。

 さらに、初回盤のスペシャル・エディションには、アルバム参加アーティストがゲスト出演した「齋藤アンコーのオールナイトニッポン〜たいむすりっぷ〜」を特別収録したCDが封入! デビュー当時のエピソードや、今だからこそ話せる誰も知らなかったヒット曲誕生の裏話など、貴重なトークを満載に、当時のヒット曲もオリジナル音源で収録(ワンコーラスのみの収録)! 必携です。


※2月4日発売
●『歌鬼2 〜阿久悠 VS. フォーク〜』
(2枚組スペシャル・エディション:UPCH-20142〜3 税込3,800円)
通常盤:UPCH-20144 税込3,000円)
1. 北の宿から/イルカ(都はるみ/1975.12.1)
2. 津軽海峡・冬景色/あがた森魚(石川さゆり/1977.1.1) 
3. 昨日・今日・明日/ベッツィ&エマ(井上順之/1971.4.25) 
4. 白いサンゴ礁/トワ・エ・モワ(ズー・ニー・ブー/1969.4.1)
5. 京都から博多まで/因幡晃(藤圭子/1972.1.25)
6. 舟唄/りりィ&洋士(八代亜紀/1979.5.25)
7. 雨の慕情/永井龍雲(八代亜紀/1980.4.25)
8. 嫁に来ないか/木村充揮<元・憂歌団>(新沼謙治/1976.6.1)
9. きりきり舞い/尾崎亜美(山本リンダ/1973.12.10)
10. みずいろの手紙/BUZZ(あべ静江/1973.9.20)
11. 五番街のマリーへ/杉田二郎(ペドロ&カプリシャス/1973.10.25)
12. もしもピアノが弾けたなら/渡辺真知子(西田敏行/1981.4.1)
13. 友達よ泣くんじゃない/太田裕美(森田健作/1972.1.25)
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] だれかの「こころのやらかい場所」に。一瞬しかないの最強のデビュー・アルバム[特集] 東京音楽大学附属オーケストラ・アカデミー、オーケストラ奏者養成機関に見た大海原に漕ぎ出す若き才能の萌芽
[インタビュー] 宮本笑里、デビュー15周年を記念してクラシックの小品を弾いた『classique deux』[インタビュー] 初の全国流通盤をリリース 話題の一寸先闇バンド登場
[インタビュー] 室田瑞希、ひとりの表現者としての在り方を示す ニュー・シングル[特集] 鞘師里保、初のファンミーティング開催! 
[インタビュー] 元キマグレン・ISEKIが惚れ込んだ絶景の白馬岩岳で行なわれる山頂音楽フェスの魅力とは?[インタビュー] みやけん、人気ピアノYouTuber 早くも2ndアルバムを発表
[インタビュー] 蔦谷好位置が語る映画『SING/シング:ネクストステージ』日本語吹替えキャストの歌[インタビュー] 岸 裕真、注目のAIアーティスト初の作品集を発表
[インタビュー] 矢川 葵、「昭和歌謡を歌い継ぐ」ソロとして再始動[インタビュー] 踊るヴァイオリニスト×気鋭の歌い手「RiO楽曲制作プロジェクト」
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015