ニュース

Da-iCE、新曲「CITRUS」が玉木 宏主演ドラマ「極主夫道」主題歌に決定

Da-iCE   2020/09/25 13:07掲載
はてなブックマークに追加
Da-iCE、新曲「CITRUS」が玉木 宏主演ドラマ「極主夫道」主題歌に決定
 シングル「DREAMIN' ON」がTVアニメ「ONE PIECE」の新主題歌に抜擢され、放送が始まると同時に日本国内にとどまらず海外のアニメ・ファンなどからも高い評価を集め、今年最も期待されるダンス&ヴォーカル・グループへと一躍躍り出たDa-iCEの最新曲「CITRUS」が、読売テレビ / 日本テレビ系にて10月11日(日)22:30より放送がスタートする新日曜ドラマ「極主夫道」の主題歌に起用されることが決定、11月25日(水)にシングル・リリース。あわせて、試聴サイズがオフィシャル・サイトにて公開されています。

 おおのこうすけ原作による累計250万部突破の超人気コミック「極主夫道」(新潮社)は、“全国書店員が選んだおすすめコミック2019第2位”ほか数々の作品賞を受賞するなどドラマ化の期待も高かった作品で、主人公の“龍”を玉木 宏が、共演には川口春奈志尊 淳ほか豪華俳優陣が演じ、そのストーリーは“不死身の龍”と呼ばれた伝説の極道が足を洗い、専業主夫の道を極めるというヒューマン任侠コメディとなっています。

 主題歌の「CITRUS」は、今回のドラマのために書き下ろされた楽曲で、作詞をメンバーの工藤大輝と花村想太が担当。ドラマ・タイトル「極主夫道」にも通ずる“自分が信じた道を極める”ことの大切さや決意を、魂を込めてエモーショナルに歌ったロック・バラードで、 Da-iCEとしても初の“エモロック”に挑戦したシングルとなっています。

 今回の主題歌起用にドラマ・プロデューサーの中山喬詞は、「若者を中心に非常に人気のあるDa-iCEさんに主題歌を書き下ろしていただくことで、ドラマにエネルギッシュさとフレッシュさがプラスされ躍動感が増すことを期待してお願いさせていただき、素晴らしい楽曲を作っていただきました。粋で愛に溢れている主人公をはじめとしたまっすぐ生きる登場人物たちの道筋を、深みのある楽曲によって導いていただけたと感じています。歌詞も今を生きる人たちに色んな捉え方をしていただけるような素敵なものになっていて是非注目してもらえれば、と思います。ドラマと音楽を一緒に楽しんでもらえれば幸いです」とコメントしています。

 Da-iCEメンバーも、「僕達の掲げるテーマとドラマの世界観がリンクするように書き下ろさせていただいたので色んな視点から楽しんでいただけたら幸いです」(工藤大輝)、「作詞させて頂く際にドラマの世界観や楽曲に合った歌詞を書けるよう、何度も原作や台本を見直しましたが、そのたび笑いもありカッコ良さもあり、ヒヤヒヤもありで心が落ちつかなかったです」(花村想太)、「ドラマを観られる方がより一層作品に入り込めて、その中で主題歌もいいなと思ってもらえるよう、魂を込めて歌った楽曲になっていますので、楽しみにしていてください」(大野雄大)と思いを寄せており、ドラマそして主題歌への期待感は高まるばかりです。

 Da-iCEは、“五感で感じるエンターテインメント”をコンセプトに、音楽で五感を体感する作品を6ヵ月連続でリリースすることを発表していますが、今作「CITRUS」はその第4弾シングルとなり、五感の一つ「嗅覚」をテーマにした作品となっています。

 ワンピース主題歌となった第1弾シングル「DREAMIN' ON」は「視覚」をテーマに、数々の映像コンテンツと共にアニメとのコラボレーションを展開し、第2弾シングル「amp」は「聴覚」をテーマに、大人の魅力たっぷりのサウンドで聴覚を研ぎ澄ませ、第3弾シングル「image」は「触覚」をテーマに、最初に触れた恋(初恋)からプロポーズまでを描いた珠玉のラブ・ソングで新たなDa-iCEに触れ、そして今回の第4弾シングル「CITRUS」では、シトラスの香りが持つ意味を紐解きながら歌詞の世界観が繰り広げられているのも、嗅覚で音楽を感じられる一つのカギとなっているとのこと。

 落ち込んだ時に前向きな気持ちになれたり、自分自身を奮い立たせてくれる効果もあると言われているシトラスの香り。誰しもが思い出の匂いがあるように、今作では、シトラスの香りによって自分が自分であるための大切な感覚を取り戻し「道を極め」ていく――。それは、元極道の男が専業主夫になるという、他人からすれば大きなギャップに見えても、それが自分らしくあるための「道」ならば突き進むという、ドラマの主人公とも重なる内容となっているようにも感じられます。

[コメント]
原作は主題歌のお話をいただく以前から読ませていただいていた作品なのですが、設定や切り口が斬新且つ楽しい作品だったので1話目で直ぐにハマった記憶があります。今回のお話を機に読み直させていただきましたが、何度読んでも楽しい作品です。
主題歌のお話をいただいた時は、嬉しかったと同時に身が引き締まる思いでした。僕達の掲げるテーマとドラマの世界観がリンクするように書き下ろさせていただいたので、色んな視点から楽しんで頂けたら幸いです。

――工藤大輝

微力ながら皆様にこのドラマをより楽しんで頂けるスパイスのひとつに「CITRUS」がなれたらと思います。ハートフルコメディということで、日曜夜が今から楽しみで仕方ないです。
――岩岡 徹
 
原作の熱量に沿うよう、気持ちを込めて歌わせて頂きました。
ドラマを観られる方がより一層作品に入り込めて、その中で主題歌もいいなと思ってもらえるよう、魂を込めて歌った楽曲になっていますので、楽しみにしていてください。

――大野雄大
 
主題歌に決まった時は凄く嬉しかったです。原作は何度読んでも楽しい、そして時間がすぐに過ぎる作品だなと思いました。
今回、作詞させて頂く際にドラマの世界観や楽曲に合った歌詞を書けるよう何度も原作や台本を見直しましたが、そのたび笑いもありカッコ良さもあり、ヒヤヒヤもありで心が落ちつかなかったです。

――花村想太
 
今回の楽曲「CITRUS」はドラマ「極主夫道」の世界感とDa-iCEの色が綺麗に魅せれていると思うので、ドラマと共に楽曲も楽しんで頂けたら嬉しいです。
――和田 颯

拡大表示


 ■「CITRUS」試聴
da-ice.jp/music/index_search.php
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ケイコ・リー、デビュー25周年、“かけがえのない”ジャズ・クラブで録音したライヴ盤を発表[インタビュー] 村治佳織、名だたるアーティストとともに参加した『ディズニー・ゴーズ・クラシカル』を語る
[インタビュー] 荘村清志、新作は、武満徹が愛した「郷愁のショーロ」ほかを収めるバリオスとタレガの作品集[インタビュー] 竹内アンナ、注目の次世代SSW、新作を早くも発表
[インタビュー] まちがいさがし、話題の自己内省音楽的4人組、ついに1stフル・アルバムをリリース[インタビュー] 石丸幹二、デビュー30周年を迎えたミュージカル・スターが、ベスト盤とデュエット・アルバムを同時リリース
[インタビュー] デヴィッド・ブロザ、イスラエルの国民的シンガー・ソングライターが初のインスト・アルバムを発表[インタビュー] ちゃんみな“、堕天使”をテーマに展開するドラマ仕立てのニュー・シングル
[インタビュー] ピアニスト、ラン・ランの新作は満を持して臨んだ『バッハ:ゴルトベルク変奏曲』[インタビュー] 50/50
[インタビュー] 杏沙子[インタビュー] 柴田聡子、新しい試みとニューEP
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015