ニュース

アートナイトでにぎわう六本木でDAOKOのライヴが開催

DAOKO(daoko)   2015/05/13 16:02掲載
はてなブックマークに追加
アートナイトでにぎわう六本木でDAOKOのライヴが開催
 さる4月25日(土)、東京・六本木ヒルズを中心とした一帯で開催された〈六本木アートナイト2015〉。街全体がにぎわいを見せるなか、女子高生にしてメジャー・デビューを果たしたアーティスト、DAOKO(だをこ)のライヴが行なわれました。

 このライヴは、“アートとデジタルをつなぐ。ここから未来が加速する。”をテーマに、約2ヵ月にわたり開催されてきたイベント〈Accenture Career Link Events〉(主催: アクセンチュア株式会社)のフィナーレを飾った、〈Accenture Link Night〉の中で実現したもの。当日は、DAOKO「かけてあげる」のミュージック・ビデオを共に手がけた映像ディレクター / アニメーションディレクターの大野 悟氏、映像作家 / 映画監督の山田智知氏も登壇し、制作の背景などについてのトーク・セッションも。

クリックすると大きな画像が表示されます

 ライヴは場内後方に設置されたステージで行なわれ、バックバンドを引き連れたDAOKOの前には透過スクリーンが設置。生のパフォーマンスと共に、MVでも使用されていたグラフィックやリリックをテロップ化したホログラム映像が次々と映し出されるという空間演出を披露。最新のデジタル映像技術と、デジタル・ネイティヴ世代のDAOKOの感性が見事にリンクしたライヴを繰り広げる。

クリックすると大きな画像が表示されます

 「ニコニコ動画」への投稿がきっかけとなって注目を浴び、中島哲也監督の映画『渇き。』(2014年)では挿入歌として起用、2015年3月には1stアルバム『DAOKO』でメジャー・デビューを果たしたDAOKO。今回は短いセットながら、大野&山田の両氏が「リアルとバーチャルの間に存在する新しい存在」と語った、その稀有な世界観をアピールするには充分すぎる、濃密な時間となりました。

■2015年4月25日(土)開催
DAOKO at Accenture Link Night
[セットリスト]
01. かけてあげる
02. 一番星
03. ミュージック
04. 高い壁には幾千のドア
05. きみ
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 5年間の集大成、これが進化を遂げたTANAKA ALICEスタイル[インタビュー] 俳優としても知られる松下優也 アーティスト・プロジェクト“YOUYA”連続リリース
[インタビュー] パーティ・パンク・バンド“PET”約18年ぶりの新作フル・アルバム[インタビュー] 鞘師里保、ダンス・ミュージックをさらに深く追求した 3rd EP
[特集] ザ・ビートルズ、中期の傑作アルバム『リボルバー』がスペシャル・エディションで登場![インタビュー] ケイコ・リー、豪華コラボレーションも収録する4枚目のベスト・アルバム『Voices IV』
[インタビュー] 上西千波、ジャズと短編小説でリスナーに寄り添う新作アルバム『恋愛小説II』を発表[インタビュー] 日向坂46・佐々木美玲がお悩み相談コメディドラマに挑戦
[特集] 藤田真央、世界が注目するピアニストが『モーツァルト:ピアノ・ソナタ全集』でワールドワイド・デビュー![インタビュー] 望月琉叶、グラビアができる演歌歌手が念願のボカロPとのコラボレーションをスタート
[インタビュー] マーク・ジュリアナ、エレクトロニクスの要素を取り込み新たな方向性を示す新生ジャズ・カルテットの新作[インタビュー] 花*花、パルシステムとのコラボレーションで大ヒット曲「あ〜よかった」を再録音
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015