ニュース

韓国テック・ブルータル・デスメタルFECUNDATIONが新体制での新作EPをリリース

FECUNDATION(Death Metal / KOR)(FECUNDATION)   2018/12/12 14:10掲載
はてなブックマークに追加
韓国テック・ブルータル・デスメタルFECUNDATIONが新体制での新作EPをリリース
 2016年に発売された長野産デスメタル・INVICTUSとのスプリットEPや、今年2月に露「Coyote Records」から発表した初のオリジナル・フル・アルバム『Decomposition of Existence』が話題となっている韓国・ソウルのテクニカル・ブルータル・デスメタル・バンドFECUNDATIONが、新作EP『Morte Cerebral』(ORCD-143 1,200円 + 税)を「Obliteration Records」よりリリース。2019年1月18日(金)の発売が決定しています。

 世界最大規模の楽器ショウケース・イベント〈NAMM Show〉で新鋭ギター・メーカー「Vola Guitar」のデモンストレーション・プレイヤーに抜擢されるほどのテクニックを持つギタリスト・Chuck Jenga(정종하)を擁するFECUNDATION。東京ブルータル・デスメタルINFERNO HADESからベーシスト・Kei Sunanoが加入後の初作品となる5曲入りEP『Morte Cerebral』では、これまでのベースレス編成とは異なるボトムの効いたグルーヴを手に入れています。

 なおFECUNDATIONは、間もなくジャパン・ツアーがスタート。12月21日(金)神奈川・西横浜 EL PUENTE、22日(土)東京・浅草 Gold Sounds、23日(日)長野・India Live The Sky、24日(月・祝)東京・新宿 duesの4公演が決定しています。各地でKRUELTY、Su19b(以上横浜)、ANATOMIACOFFINS死んだ細胞の塊WORLD END MAN(以上浅草)、CRASH SYNDROM、INVICTUS、TAKEHITO and BOYS、YxAxD(以上長野)、BUTCHER ABC、INVICTUS、STRANGULATION(以上新宿)が共演。詳しくはFacebookページにてご確認ください。

拡大表示


■2019年1月18日(金)発売
FECUNDATION
『Morte Cerebral』

CD ORCD-143 1,200円 + 税

[収録曲]
01. Xenomolphic Ruination
ほか

FECUNDATION
Japan Tour 2018


12月21日(金)
“Yokohama Extreme Vol.20”

神奈川 西横浜 EL PUENTE
共演: Su19b / KRUELTY
開場 19:00
前売 1,500円 / 当日 1,800円

12月22日(土)
“Asakusa Extreme Vol.49”

東京 浅草 Gold Sounds
共演: 死んだ細胞の塊 / ANATOMIA / COFFINS / WORLD END MAN開場 17:00
前売 2,800円 / 当日 3,200円

12月23日(日)
“Nagano Extreme Vol.9”

長野 India Live The Sky
共演: YxAxD / CRASH SYNDROM / INVICTUS / TAKEHITO and BOYS
開場 17:30
当日 2,000円(税込 / 別途ドリンク代500円)

12月24日(月・祝)
“Shinjuku Extreme Vol.16”

東京 新宿 dues
共演: STRANGULATION / INVICTUS / BUTCHER ABC
開場 18:00
前売 2,000円 / 当日 2,500円(税込 / 別途ドリンク代600円)
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ピアノ演奏の基礎の部分をショパンで構築してきた――牛田智大、10代最後に取り組んだショパン・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズが新レーベル「レインボー・ブロンド」を始動――第一弾アーティスト・ターリがデビュー・アルバムをリリース
[インタビュー] もうひとつのシティ・ポップ――Dos Monos『Dos City』[インタビュー] 音楽は、生き方そのもの BUPPON『enDroll』
[インタビュー] トリオ・レコードが遺したミュージカル作品 発売当時のディレクター徳光英和が『上海バンスキング』などについて語る[インタビュー] 想像を形にする“宇宙”を舞台とした、Shing02とSauce81の共作アルバム『S8102』
[インタビュー] 音ゲーは“音楽の楽しさを伝えるツール” モリモリあつし『タイムカプセル』[インタビュー] ブルッフの協奏曲は、人生のステージの中でいつも傍にあった曲──アラベラ・美歩・シュタインバッハー、〈東芝グランドコンサート2019〉に出演
[インタビュー] 新しいセッションだから“シーズン2” Mari & Bux Bunny シーズン2始動[インタビュー] いまだからこそ作れたコレクション 鈴木惣一朗が細野晴臣プロデュース・レーベル「ノンスタンダード」について語る
[インタビュー] 仏教と音楽が私の楽しみであり、人生のともしび――三浦明利『いのちのともしび』[インタビュー] THREE1989が挑んだ“愛のアルバム”『Kiss』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015