ニュース

GLIM SPANKY、新作ミニ・アルバム『ワイルド・サイドを行け』の詳細が決定

GLIM SPANKY   2015/12/09 15:58掲載
はてなブックマークに追加
 今年7月にリリースされた初のフル・アルバム『SUNRISE JOURNEY』が好評、各地で行われたライヴもソールドアウトが続出する盛り上がりを見せた松尾レミ(vo, g) + 亀本寛貴(g)のロック・デュオ、GLIM SPANKYが、2016年第1弾作品となる新作ミニ・アルバム
『ワイルド・サイドを行け』(写真)をリリース。初回限定盤(CD + DVD TYCT-69097 2,500円 + 税)、通常盤(CD TYCT-60077 1,500円 + 税)の2形態で、1月27日(水)の発売が決定しています。

 『ワイルド・サイドを行け』は、GLIM SPANKYのテーマである“いつまでも青春”の進行形を具現化したというタイトル・トラックのほか、ブラインドサッカー日本代表公式ソング「NEXT ONE」、初めてシャッフル・ビートに取り組んだ「BOYS & GIRLS」、大学2年生の時に制作された楽曲を新たな歌詞でレコーディングした「夜明けのフォーク」、「太陽を目指せ」の全5曲を収録。“ロック”の多様性をGLIM SPANKYフォーマットに凝縮したかの如きバラエティ豊かな内容となっています。初回限定盤に付属するDVDには、10月に行われたツアー〈SUNRISE JOURNEY TOUR 2015〉から東京・赤坂 BLITZ公演の模様を収録。「焦燥」「褒めろよ」「リアル鬼ごっこ」「大人になったら」といった彼らの代表曲を映像で楽しむことができます。

 『ワイルド・サイドを行け』についてGLIM SPANKYは「今まで使ったことのない新しい楽器や曲の作り方などいろいろな挑戦をして、完成した新しい自信作です。サウンドの細かいところまで面白いギミックがある曲も有り、シンプルな曲も有り。この国でこの時代に、この音でこの歌詞で挑んでいくGLIMの新作、是非聞いてください!」(松尾)、「今まで聞いてくださっていた方にも初めて聞く方にもよりフレッシュでビビットな印象を持ってもらえる様なサウンドを目指しました。まだまだ立ち止まらずどんどん進んでいくぞという気持ちを音でしっかり表現できたと思います。DVDもボリューム満点なので当日会場に来られた方もそうでない方も楽しんでいただけると思います。音源を聞いて、DVDを見て、そして是非新しい曲達で一緒にライブで遊びましょう!」(亀本)とコメントしています。

 また、収録曲「BOYS & GIRLS」は2016年5月に千葉・舞浜アンフィシアターでの開催が予定されている〈トランスフォーマーフェス〉のテーマソングとなることも決定。1月よりTOKYO MXや各動画サイトで放送される「生誕20周年記念ビーストウォーズ復活祭への道」のエンディングテーマとしてもオンエアされます。亀本が『トランスフォーマー』のファンであることから実現したこのタイアップについて、本人は「小学校低学年の誕生日に僕はコンボイ、弟はメガトロンのおもちゃを買ってもらいました。すごく嬉しかったのを今でも鮮明に覚えています。小さい時からずっと見てきたトランスフォーマー、ビーストウォーズのシリーズにこの様な形で関わることができて本当に嬉しいです。テーマソング〈BOYS & GIRLS〉もトランスフォーマーの様に大人も子供も関係なく永遠の少年少女達に届いてほしいです」と語っています。

 2016年4月には『ワイルド・サイドを行け』を携えてのツアーも発表されているほか、〈RADIO CRAZY〉〈COUNT DOWN JAPAN〉といったフェスティヴァルへの出演も決定しているGLIM SPANKY。2016年2月13日(土)より全国公開予定の映画「鉄の子」(福山功起監督作品 / www.tetsunoko.jp)予告編では、主題歌に起用されている『SUNRISE JOURNEY』収録曲「大人になったら」を聴くことができます。詳しくはオフィシャル・サイト(www.glimspanky.com)にてご確認ください。

クリックすると大きな画像が表示されます


■2016年1月27日(水)発売
GLIM SPANKY
『ワイルド・サイドを行け』

※“ワイルド・サイドを行け”ツアー チケット先行情報封入

初回限定盤
CD + DVD TYCT-69097 2,500円 + 税

[CD]
01. ワイルド・サイドを行け
02. NEXT ONE
ブラインドサッカー日本代表公式ソング
03. BOYS&GIRLS
トランスフォーマーフェス テーマソング
04. 太陽を目指せ
05. 夜明けのフォーク

[DVD]
01. サンライズジャーニー
02. 焦燥
03. MIDNIGHT CIRCUS
04. ダミーロックとブルース
05. 褒めろよ
06. WONDER ALONE
07. リアル鬼ごっこ
08. NEXT ONE
09. 大人になったら
10. さよなら僕の町

通常盤
CD TYCT-60077 1,500円 + 税

[CD]
01. ワイルド・サイドを行け
02. NEXT ONE
ブラインドサッカー日本代表公式ソング
03. BOYS&GIRLS
トランスフォーマーフェス テーマソング
04. 太陽を目指せ
05. 夜明けのフォーク

[配信]
・2016年1月13日(水)
「ワイルド・サイドを行け」先行配信予定 (iTunesプレオーダー開始)
・2016年1月27日(水)
『ワイルド・サイドを行け』バンドル配信予定

GLIM SPANKY
“ワイルド・サイドを行け”ツアー


・2016年4月2日(土)
愛知 名古屋 SPADE BOX
開場 17:30 / 開演 18:00
前売 3,500円(税込 / 別途ドリンク代)

・2016年4月3日(日)
大阪 心斎橋 Music Club JANUS
開場 17:30 / 開演 18:00
前売 3,500円(税込 / 別途ドリンク代)

・2016年4月16日(土)
東京 恵比寿 LIQUID ROOM
開場 17:00 / 開演 18:00
前売 3,500円(税込 / 別途ドリンク代)

[オフィシャルサイト抽選先行]
2015年12月9日(水)〜

www.glimspanky.com
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] plane、普遍的な魅力を持った7年ぶりのニュー・アルバム[インタビュー] TOKU、ジョヴァンニ・ミラバッシとの出会いから生まれたフランスでのデビュー・アルバム
[インタビュー] 太田貴子、“クリィミーマミがいたから今の私がいる”徳間ジャパン時代の全音源を収める作品集を発表[インタビュー] ジャンル、世代、国境を越えるOSAMU SATOの最新作
[インタビュー] GADORO、SUNART MUSICにカムバックにしての4作目。ファーストのヒップホップ感とちょっと進化した自分[インタビュー] 寺井尚子、“ジャズ・ヴァイオリンの女王”による多彩なナンバーで、新たな世界が花開く
[インタビュー] 宮本笑里、初の自作オリジナル楽曲中心のミニ・アルバム『Life』を発表[インタビュー] 石川さゆり “日本”を綴る三部作最終章
[インタビュー] Blan( 成田忍と横川理彦からなるダークウェイヴ・ユニットが待望の1stアルバムを発表[インタビュー] ロンドン、LA、NY、サンパウロ、世界各地で現地のミュージシャンと制作したニュー・アルバム
[インタビュー] ホセ・ジェイムズ レーベルの設立・結婚を経て発表する、代表作のパート2は新たな旅の始まり[インタビュー] アグネス・オベル 音楽は秘密の日記、デンマークのSSWがひとりで作り上げた新作
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015