ニュース

GLIM SPANKY、1stフル・アルバムのiTunesプライスオフキャンペーンがスタート

GLIM SPANKY   2016/01/28 16:27掲載
はてなブックマークに追加
 新作ミニ・アルバム『ワイルド・サイドを行け』(写真)を1月27日にリリースした松尾レミ(vo, g)と亀本寛貴(g)のロック・デュオ、GLIM SPANKY。同作がiTunes総合アルバムチャートにて初のトップ10入りを達成し、ロックアルバムチャートでも2位を獲得。1月26日付のオリコン・デイリーアルバムランキングでは初のトップ20入りとなる16位を獲得し、好評を博しています。

 『ワイルド・サイドを行け』について2人は「決められた道で予想出来る未来でもいいけど、せっかくなら道無き道でどうなるか分からない未来を全力で行く方が面白い。それも、一人より皆で行けばより大きな喜びになる。そんなメッセージがこもった曲をはじめとして、全ての曲が全て違うテイストになっている最高にロックでポップな1枚です。カッコいいから何回も聴いてほしい!」(松尾)、「前作以上に楽曲、サウンド共に進化してより多くの人に届く作品になったと思います。常に進化しているGLIM SPANKYの今のサウンドを是非体感して欲しいです」(亀本)とコメント。収録曲は大森靖子、黒木渚らと共に出演した1月26日開催のライヴ・イベント〈SPACE SHOWER 3rd PLACE vol.4〉でも披露され、会場を盛り上げました。

 〈トランスフォーマーフェス〉テーマソングに起用されている楽曲「BOYS & GIRLS」を収録した同作の発売を記念し、トランスフォーマーとのコラボレーションAR企画を実施。こちらはARアプリ「ARAPPLI」(無料 / www.arappli.com/dl/arara)をダウンロードし、『ワイルド・サイドを行け』のカヴァー・アートにかざすと、「BOYS & GIRLS」のイントロをバックに『ビーストウォーズ』版コンボイと亀本が登場するというもの。なお、YouTube(youtu.be/pdRik5FimF4)では『ビーストウォーズ』の映像を使用した『ワイルド・サイドを行け』スポットも公開中。亀本は「この映像!僕と歳が近い人ならみんな大興奮なはず!僕はテンション上がりまくりでした。必見です!」とコメントしています。


 またiTunes では、前作にあたる昨年7月リリースの1stアルバム『SUNRISE JOURNEY』の期間限定プライスオフキャンペーンもスタート。2月4日(木)23:00頃まで特別プライス税込1,300円での購入が可能です。

 1月29日(金)には『ワイルド・サイドを行け』の発売を記念したツイキャス生放送番組第2弾(twitcasting.tv/glimspanky)の放送が決定しているGLIM SPANKY。詳しくはオフィシャル・サイト(www.glimspanky.com)にてご確認ください。

GLIM SPANKY
タワーレコード インストア・ライヴ
アコースティック・ライヴ&サイン会


・2016年1月30日(土)
東京 タワーレコード新宿店
21:00〜

・2016年1月31日(日)
大阪 タワーレコード梅田NU茶屋町店
16:00〜

・2016年2月7日(日)
愛知 タワーレコード名古屋PARCO店
※名古屋パルコ 西館1F イベントスペース
13:00〜


■2016年1月27日(水)発売
GLIM SPANKY
『ワイルド・サイドを行け』

※“ワイルド・サイドを行け”ツアー チケット先行情報封入

初回限定盤
CD + DVD TYCT-69097 2,500円 + 税

[CD]
01. ワイルド・サイドを行け
02. NEXT ONE
ブラインドサッカー日本代表公式ソング
03. BOYS&GIRLS
トランスフォーマーフェス テーマソング
04. 太陽を目指せ
05. 夜明けのフォーク

[DVD]
01. サンライズジャーニー
02. 焦燥
03. MIDNIGHT CIRCUS
04. ダミーロックとブルース
05. 褒めろよ
06. WONDER ALONE
07. リアル鬼ごっこ
08. NEXT ONE
09. 大人になったら
10. さよなら僕の町

通常盤
CD TYCT-60077 1,500円 + 税

[CD]
01. ワイルド・サイドを行け
02. NEXT ONE
ブラインドサッカー日本代表公式ソング
03. BOYS&GIRLS
トランスフォーマーフェス テーマソング
04. 太陽を目指せ
05. 夜明けのフォーク

[配信]
・2016年1月13日(水)
「ワイルド・サイドを行け」先行配信予定 (iTunesプレオーダー開始)
・2016年1月27日(水)
『ワイルド・サイドを行け』バンドル配信予定

GLIM SPANKY
“ワイルド・サイドを行け”ツアー


・2016年4月2日(土)
愛知 名古屋 SPADE BOX
開場 17:30 / 開演 18:00
前売 3,500円(税込 / 別途ドリンク代)

・2016年4月3日(日)
大阪 心斎橋 Music Club JANUS
開場 17:30 / 開演 18:00
前売 3,500円(税込 / 別途ドリンク代)

・2016年4月16日(土)
東京 恵比寿 LIQUID ROOM
開場 17:00 / 開演 18:00
前売 3,500円(税込 / 別途ドリンク代)
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 杏沙子[インタビュー] 柴田聡子、新しい試みとニューEP
[インタビュー] PIZZICATO ONE、5年ぶりのニュー・アルバムはワンマンライヴの実況録音盤[インタビュー] 緊急超会議!アップアップガールズ(仮)×アップアップガールズ(2)×アップアップガールズ(プロレス)
[インタビュー] シバノソウ、独創的なサウンドに少女のリアルをこめた1stアルバム[インタビュー] 久保田麻琴、最新マスタリングで復刻される、70年代の名盤3枚を語る
[インタビュー] 加藤和樹、デビュー15年目のエモーショナルなミニ・アルバム[インタビュー] カミーユ・トマ、“暗闇から光に向かう旅”という物語の曲が集まった新作で、チェロが奏でる希望の声
[インタビュー] plane、普遍的な魅力を持った7年ぶりのニュー・アルバム[インタビュー] TOKU、ジョヴァンニ・ミラバッシとの出会いから生まれたフランスでのデビュー・アルバム
[インタビュー] 太田貴子、“クリィミーマミがいたから今の私がいる”徳間ジャパン時代の全音源を収める作品集を発表[インタビュー] ジャンル、世代、国境を越えるOSAMU SATOの最新作
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015