ニュース

幾田りら、フジテレビ系『FIFAワールドカップ カタール2022』番組公式テーマ・ソングのMVをプレミア公開

幾田りら   2022/12/01 13:11掲載
はてなブックマークに追加
幾田りら、フジテレビ系『FIFAワールドカップ カタール2022』番組公式テーマ・ソングのMVをプレミア公開
 “小説を音楽にするユニット”YOASOBIのヴォーカルikuraとしても活躍し、シンガー・ソングライターとしても活動する幾田りらの新曲「JUMP」のミュージック・ビデオが、12月1日(木)20:00にYouTubeにてプレミア公開決定。

 この楽曲は、フジテレビ系『FIFAワールドカップ カタール2022』の番組公式テーマ・ソングとなっており、幾田りらとして初のスポーツ番組テーマ・ソングで、今回のために書き下ろしました。監督は、室谷惠が務めています。疾走感溢れる楽曲で、曲中にある印象的なシンガロング・パートは昨年まで自身も所属していたアコースティック・セッション・ユニット“ぷらそにか”のメンバーが担当しています。

 加えて、12月1日(木)24:00〈12月2日(金)0:00〉より、「JUMP (Stadiam Ver.)」も配信開始。壮大なオーケストレーションとともに選手たちの活躍を盛り上げる特別アレンジとなっています。

[コメント]
どれだけの時間、どれだけの力を注いできても、一回きりの本番というものは成功と失敗のどちらを呼んでくるのか、その時まで分かりません。緊張と不安がどんなにこの身体を襲ってきても、躊躇わず飛び込んでいけるのは、自分自身を限りなく信じきる事ができるからです。それは本当に難しく、今もその戦いに挑み続けているほどです。何度も何度も挫折し、這い上がっていく。その繰り返しに悩みもがき苦しみながら、自分自身と向き合い続けていく中で、その心を育てていくことが出来るのだと思っています。
そんな「JUMP」に込めた心の葛藤と、そこから解き放たれ突き進んでいく姿を、室谷監督が様々な形で表現してくださいました。
映像に込められた沢山のメッセージを、受け取って楽しんでいただけたら嬉しいです。

――幾田りら

“JUMP”を聴いて、夢を追いかける時は、不安や挫折も伴うけど、
諦めないで!とエールをもらえる曲だなと思いました。

夢は1人で叶えられるものじゃないから、
身の回りにいる人の支えだけではなく、
時には犬にだって平等に、
どんなに小さな力でも自分のそばにいるということを
忘れてはいけない想いがこの映像には込められています。

大きな壁やプレッシャーに押しつぶされそうな時は、
むしろチャンスだと思って楽しむことも大事だし、
そうやって頑張ってると、たまーに嬉しい出来事も起こって、
その時の心の高揚感みたいなものを丁寧に掬い上げてくれているようで
幾田さんのひたむきな表現力が縦横無尽に繰り広げられていきます。

――監督・室谷惠

拡大表示




■2022年12月2日(金)配信開始
幾田りら
「JUMP (Stadiam Ver.)」

orcd.co/lilas_jump_stadium

フジテレビ系『FIFAワールドカップ カタール2022』
www.fujitv.co.jp/sports/soccer/FIFAworldcup/index.html
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 5年間の集大成、これが進化を遂げたTANAKA ALICEスタイル[インタビュー] 俳優としても知られる松下優也 アーティスト・プロジェクト“YOUYA”連続リリース
[インタビュー] パーティ・パンク・バンド“PET”約18年ぶりの新作フル・アルバム[インタビュー] 鞘師里保、ダンス・ミュージックをさらに深く追求した 3rd EP
[特集] ザ・ビートルズ、中期の傑作アルバム『リボルバー』がスペシャル・エディションで登場![インタビュー] ケイコ・リー、豪華コラボレーションも収録する4枚目のベスト・アルバム『Voices IV』
[インタビュー] 上西千波、ジャズと短編小説でリスナーに寄り添う新作アルバム『恋愛小説II』を発表[インタビュー] 日向坂46・佐々木美玲がお悩み相談コメディドラマに挑戦
[特集] 藤田真央、世界が注目するピアニストが『モーツァルト:ピアノ・ソナタ全集』でワールドワイド・デビュー![インタビュー] 望月琉叶、グラビアができる演歌歌手が念願のボカロPとのコラボレーションをスタート
[インタビュー] マーク・ジュリアナ、エレクトロニクスの要素を取り込み新たな方向性を示す新生ジャズ・カルテットの新作[インタビュー] 花*花、パルシステムとのコラボレーションで大ヒット曲「あ〜よかった」を再録音
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015