ニュース

イツァーク・パールマン、日本におけるフェアウェル(お別れ)ツアーを開催

イツァーク・パールマン   2020/02/25 12:48掲載
はてなブックマークに追加
イツァーク・パールマン、日本におけるフェアウェル(お別れ)ツアーを開催
 世界最高峰のヴァイオリニストであるイツァーク・パールマン(Itzhak Perlman)の日本におけるフェアウェル(お別れ)ツアーとなる〈FUJI XEROX Presents イツァーク・パールマン フェアウェルツアー2020〉が開催されます。本ツアーは、10月31日(土)愛知・名古屋 愛知県芸術劇場コンサートホール、11月1日(日)東京・赤坂 サントリーホール、11月3日(火・祝)大阪・ザ・シンフォニーホール、11月7日(土)東京・赤坂 サントリーホール、11月8日(日)福岡・アクロス福岡で行なわれます。

 パールマンは1945年イスラエルに生まれ、テル・アヴィヴ音楽院を卒業後ニューヨークに渡り、演奏活動をスタートさせました。ジュリアード音楽院を経て、1964年に権威ある“レーヴェントリット国際コンクール”で優勝したことを足掛かりに、著名なオーケストラとの共演やリサイタルなど、世界の舞台で活躍。日本への初来日は1974年で、日本の聴衆からも絶大な人気を誇っています。

 本ツアーについて、パールマンは「私は長い年月の中で何度も来日しています。日本のお客様は素晴らしいです。毎回、私を喜んで受け入れてくださり、熱狂的に迎えてくださいます。私も嬉しい気持ちになりますし、なにより、自分の音楽が皆様に喜ばれていることが分かりますので、自分の持っている全てを出し切りたい気持ちにもなります。このツアーは、私の最後の日本ツアーになると思います。ですから、そのような今まで何年も何回も来日してきた時と同じような経験ができることを楽しみにしています。日本のお客様に私の音楽を分かち合いたい。待ちきれない気持ちで一杯です」とメッセージを寄せています。

イツァーク・パールマン フェアウェルツアー2020
perlman2020.jp
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 宮本笑里、初の自作オリジナル楽曲中心のミニ・アルバム『Life』を発表[インタビュー] 石川さゆり “日本”を綴る三部作最終章
[インタビュー] Blan( 成田忍と横川理彦からなるダークウェイヴ・ユニットが待望の1stアルバムを発表[インタビュー] ロンドン、LA、NY、サンパウロ、世界各地で現地のミュージシャンと制作したニュー・アルバム
[インタビュー] ホセ・ジェイムズ レーベルの設立・結婚を経て発表する、代表作のパート2は新たな旅の始まり[インタビュー] アグネス・オベル 音楽は秘密の日記、デンマークのSSWがひとりで作り上げた新作
[インタビュー] The mellows “ヴェイパーウェイヴ”ではなく自分たちらしさを追求した新作[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(後編)
[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(前編)[インタビュー] maco marets 気鋭のラッパーが語る、ひとくぎりの3枚目『Circles』までの道のり
[インタビュー] チャクラ 強烈な個性で伝説的存在となっているバンドの未発表ライヴCDを、チリ人のマニアが制作[インタビュー] 女子のリアルを綴るSSW、コレサワ “すごく前向きな”失恋アルバム
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015