ニュース

菅野よう子最新作は時代劇!映画『阿修羅城の瞳』サントラ発売

菅野よう子   2005/02/16掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 『カウボーイビバップ』『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』などのアニメ作品に加えて、昨年は、おもちゃ箱をひっくり返したようなバラエティに富んだポップな楽曲が評判を集めた、深田恭子土屋アンナ主演の映画『下妻物語』の音楽を手掛け、またSMAPに楽曲を提供したりするなど、これまで以上に多彩な仕事ぶりが注目された、曲・アレンジ・演奏などを全て一人でこなすマルチ・アーティスト、菅野よう子。その彼女が今年新たにチャレンジしたのは、なんと時代劇。4月16日に劇場公開される、市川染五郎宮沢りえ主演の映画『阿修羅城の瞳』(滝田洋二郎監督)の音楽を手掛けています。

 なんでも同映画では、得意とするストリング、コーラスワークに加え、馬頭琴や笛といった、アジア楽器を随所に取り入れたサウンドを展開しているとのこと。同映画のオリジナル・サウンドトラック(VICL-61582 \1,785(税込)・写真)は、劇場公開の直前である4月13日にリリースされる予定なので、菅野よう子の描くジャポネスク伝奇ラブ・ストーリーの世界を少しでも早く堪能したい方は、同サントラをお忘れなく! なお、本アルバムに、エンディング・テーマとして使用される、スティングによるジャズ・スタンダード・ナンバー「マイ・ファニー・ヴァレンタイン」のカヴァーが収録されるかはどうかは、まだ不明です。
続報
『阿修羅城の瞳』サントラ、詳細
1:ジャケット・アートワークが判明しました(写真)。
2:スティングによる「マイ・ファニー・ヴァレンタイン」のカヴァーは収録されないことが判明しました。
3:予定されているトラック・リストが判明しました。

(01) Perdeski cloyn
(02) 佃島やりっぱなし
(03) 色男 夏枯れ三昧
(04) 縮緬エアー
(05) 一鬼夜行
(06) さかしまだ
(07) 幕の内ウエスタ
(08) この鬼殺し
(09) 恋鳴き夜猫転生譚
(10) ケレンテケレン
(11) blues in my heaven
(12) 荒れ花道
(13) ハライソ、ハライソ

全曲作・編曲:菅野よう子
*(01)作詞:Gabriela Robin 歌:ilaria graziano
*(11)作詞・歌:及川リン
[ 2005/03/17掲載 ]
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 一言で言うと、青春――DÉ DÉ MOUSEが“アガる”もの『be yourself』[インタビュー] マンチェスターから世界へ羽ばたいた“2010年代UKジャズの先駆者” ゴーゴー・ペンギンのサウンド方法論
[インタビュー] chelmicoのマイペースな“無敵感”が詰まったメジャー・デビュー・アルバム『POWER』[インタビュー] “いつ聴いてもハッピーになれる曲”を目指して 京都在住シンガー・ソングライター、竹内アンナのデビュー作『at ONE』
[インタビュー] 南 佳孝が語る、ショーボート・レーベル第1弾作品『摩天楼のヒロイン』[インタビュー] 熟成とフレッシュネス BTB改め“BTB特効”初のオリジナル・アルバム『SWEET MACHINE』
[インタビュー] 素晴らしい演奏家のみなさんと出会い、サントラを作れたのは本当に幸せ――作曲家、富貴晴美が語る『西郷どん』の音楽[インタビュー] 絶望を掻き消す――“今やりたいこと”を追求してきたLM.Cが導き出す未来とは
[インタビュー] 楽器と理解し合って音楽を作っていく――東儀秀樹、“篳篥で歌う”映画音楽集をリリース[インタビュー] 自分なりの“B面的世界” 大西ユカリによるソウル・カヴァー作『BLACK BOX』
[インタビュー] 私が全て入ってるもの――声優・尾崎由香、ソロ・デビュー・シングル「LET[インタビュー] 何かの拍子に全米が泣いてくれたらいいなって(笑)――Calmが活動21年目の新作『by Your Side』をリリース
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015