ニュース

ケント・ナガノの娘、カリン・ケイ・ナガノがCDデビュー

カリン・ケイ・ナガノ(KARIN KEI NAGANO)   2014/07/08 15:05掲載
はてなブックマークに追加
 ケント・ナガノ児玉麻里の娘であり、世界へと羽ばたくピアノ界のニュー・ヒロイン、カリン・ケイ・ナガノのファースト・レコーディング『モーツァルト:ピアノ協奏曲』(PAN-28765 2,857円 + 税)が7月21日(月)に発売されます。急成長を遂げているカナダのセシリア弦楽四重奏団との共演による、モーツァルトのピアノ協奏曲第12番&第13番の室内楽ヴァージョンです。

 パリでフランスの名教師、故ジェルメーヌ・ムニエにピアノを師事し、本格的に音楽を学び始めたカリン・ケイ・ナガノは、1998年生まれの現在16歳。すでにパリ・スクリャービン国際ピアノ・コンクール第1位、ベルリン国際ピアノ・コンクール第1位&特別賞、アントン・ルビンシテイン国際ピアノ・コンクール第1位など、数々のコンクールでの輝かしい実績を持ち、2007〜8年にはコンチェルト・デビューを果たすなど、まさに大きな飛躍をとげている真っ最中です。

 また父親のケント・ナガノも同時期の7月23日に『ベートーヴェン:交響曲第7番&第1番』(SICC-1712 2,400円 + 税)を発表します。これは彼が音楽監督を務めるカナダのモントリオール交響楽団によるベートーヴェン:交響曲全集プロジェクトの5作目。“舞踏の聖化”として知られる名曲の第7番と出世作第1番のカップリングで、10月に行なわれる6年ぶりの来日公演を記念した一枚です。
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
[インタビュー] 丸みのある、自然体の音楽 Opus Inn『Time Rolls On』[インタビュー] 消費者だったら消費者らしく盛り上がれ “侵食する”ARKHAM
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015