ニュース

小出恵介主演でウエディングプランナーの半生を映画化した『Bridal, my Song』、ポスター&予告編公開

小出恵介   2022/08/10 13:10掲載
はてなブックマークに追加
小出恵介主演でウエディングプランナーの半生を映画化した『Bridal, my Song』、ポスター&予告編公開
 俳優・小出恵介主演、ウエディングプランナーの実話をもとに描いた映画『Bridal, my Song』が9月30日(金)より東京・TOHO シネマズ日比谷ほかにて全国順次公開されることが決定。このたび、第1弾ポスターと予告編が公開されています。

 近代の日本の結婚式の定番とされているレストラン・ウエディング、キャンドル・サービス、ケーキ入刀、そして映画やドラマの題材にもなるウエディングプランナー……。ライフスタイルの変化とともに結婚式の多様化が進み、競争激化する昨今のブライダル業界はLGBTにむけた結婚式などさらなる広がりを見せています。ウエディングプランナーとしてその原点を生み出した第一人者の半生を映画化した本映画は昭和55年、平成5年、そして令和2年と、3つの時代を舞台に、革新的なアイデアでブライダル業界に新風を巻き起こした今田秀(こんだしゅう)と、彼を支える仲間たちの挑戦の物語です。

 主人公・今田秀を演じるのは『パッチギ!』『僕の彼女はサイボーグ』など映画・ドラマに多数出演の実力派・小出恵介。昭和55年・平成5年・令和2年の3つの時代を生きる主人公を確かな演技力で巧みに演じ分けます。共演にはドラマ・映画で幅広く活躍する渡辺大、お笑いコンビ・ラバーガール大水洋介、NHK連続テレビ『まんぷく』『おちょやん』出演の辻凪子、MEN'S NON-NO専属モデルでもあり若手俳優の水沢林太郎など個性あふれる俳優陣が名を連ねるほか、ベテランの浅田美代子が作品に重厚感をもたらしています。

 監督は短編映画『おべんとう』でモントリオール世界映画祭他数々の映画祭にて高評価を受けた板橋基之。本映画で長編映画デビューとなります。主なロケーション地は横浜で、横浜を象徴するランドマークや実際のウエディング会場が作品を華やかに彩りますが、音楽も横浜出身のアーティストで、ロック・バンド“ゴダイゴ”のリーダー、ミッキー吉野が担当します。

 公開された第1弾ポスターはブライダル業界で成功を掴む敏腕経営者の今田役の小出恵介と、その息子・竜役で平成パートにて事業拡大のキーマンとなる水沢林太郎のスマートなスーツ姿が印象的な仕上がり。また、予告編では、昭和パートの会社の創成期に今田と仲間たちが様々な困難や課題に挑戦していく姿や、感動的な結婚式の様子が映し出されています。

[コメント]
この度は『Bridal, my Song』という素敵な映画に出演させていただき、とても嬉しく思います。
時は昭和から令和、ウエディングプランナーとして時代を跨ぎ、一生涯を結婚式に捧げた主人公の一途でエネルギッシュで愛に溢れた人生が、丁寧に描かれている内容になっていると思います。
様々な形で皆さまに届きますことを、楽しみにしています!

――小出恵介

時代と共に変化するものがあります。
結婚式もその一つで、昭和の頃の結婚式は新郎新婦のもの、というよりも両家親族の挨拶的な要素が大きく、それは堅苦しくて真面目だったと聞きました。そんな結婚式をいかにエンターテインメントにするか。
それがこの映画の主人公が考え続けるテーマになります。
既存を壊して新しいモノを生み出す時、周囲は反発し変化を求めません。
でも、「結婚式はもっと面白くなる」と信じて挑み続ける姿は、どの仕事にも当てはまり共感できる部分があるのではないでしょうか。
そして主演には小出恵介さんをお迎えしました。
小出さんと一緒に映画を作り上げられたのは、とても大切な時間となりました。
プレジデント姿の立ち振る舞いがとても良いのです。
小出さんの一本の芯の通った強さを、この作品で皆さんにも感じ取っていただけるのではないかと思います。
この映画は、結婚式の物語であり、仲間たちの物語でもあります。
主人公が仲間たちと共に、新しい結婚式の時代を作り上げようと奮闘します。
ブライダル業界で働く方々が観たら面白いと思いますし、もしかしたら会社経営者の方々が観ても共感できる映画かもしれません。
愉快な仲間たちと、挑戦をしていく姿をお楽しみください。

――板橋基之監督

当社は2021年12月14日創立50周年を迎えたが、新型コロナウイルス感染症の真っただ中、何かを後世に残すことができたらと考えたとき、自分の原点は音楽と、映画だ。過去には吉岡里帆の主演の『ハッピーウエディング』の制作もしました。
こんな時期だからこそ再び映画を作ることを決心しました。
日本のブライダルを演出という違う角度から見て頂き、結婚式という日本の文化を理解してもらえたらこんなに幸せなことはありません。

――エグゼクティブプロデューサー / 今野秀尊


©2021『Bridal, my Song』製作委員会

映画『Bridal, my Song』
9月30日(金)より東京 TOHOシネマズ日比谷ほか全国順次公開
bridal-movie.jp
配給: AGentfilms
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 花*花、パルシステムとのコラボレーションで大ヒット曲「あ〜よかった」を再録音[インタビュー] 「あさぴ」はROCKなサウスポー!ピアノYouTuber朝香智子の新作
[インタビュー] ヴィユー・ファルカ・トゥーレ×クルアンビン、アフリカ、マリの伝説のギタリストをその息子とクルアンビンがオマージュ[インタビュー] 沖仁、デビュー20周年、拠点を長野に移し新たな環境のなかでアルバムを制作
[インタビュー] 後藤真希 、『ザ・マスクド・シンガー』シーズン2で優勝![インタビュー] ピアノの魔術師、ヒビキpiano 待望の新作
[インタビュー] TOKU、20年を超えるキャリアを追った全32曲のベスト・アルバムを発表[インタビュー] 秩父英里、CM・テレビなどにも楽曲を提供、国内外で評価される作曲家がデビュー・アルバムを発表
[インタビュー] だれかの「こころのやらかい場所」に。一瞬しかないの最強のデビュー・アルバム[特集] 東京音楽大学附属オーケストラ・アカデミー、オーケストラ奏者養成機関に見た大海原に漕ぎ出す若き才能の萌芽
[インタビュー] 宮本笑里、デビュー15周年を記念してクラシックの小品を弾いた『classique deux』[インタビュー] 初の全国流通盤をリリース 話題の一寸先闇バンド登場
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015