ニュース

naomi & goroがスタイル・カウンシルの名作『CAFE BLEU』をフル・カヴァー、最速試聴会も

naomi&goro   2012/12/04 14:59掲載
はてなブックマークに追加
naomi & goroがスタイル・カウンシルの名作『CAFE BLEU』をフル・カヴァー、最速試聴会も
 ジョアン・ジルベルト直系のサウンドを奏でるボサノヴァ・デュオnaomi & goroのニュー・アルバム『CAFE BLEU SOLID BOND』が2013年3月6日にcommmonsより発売されることが明らかになりました。

 このアルバムでは、naomi & goroのギタリストであり、本作のプロデューサーでもある伊藤ゴローが、以前より敬愛しているUKロックの重鎮ポール・ウェラー氏が80年代に在籍したバンド、スタイル・カウンシルの1984年にリリースされた1stアルバム『CAFE BLEU』が丸ごと1枚フル・カヴァーされています。

 アルバムをフル・カヴァーすること自体、前代未聞のことですが、「そもそもボサノヴァの醍醐味のひとつに、さまざまなジャンルの音楽をカバーすることがある。また『CAFE BLEU』はアルバム1枚カバーするのに値する数少ないアルバムである」という伊藤ゴローの言葉を体現するかのごとく、スタイル・カウンシルのオリジナル
『CAFE BLEU』で顕著なジャズ / ソウル / ファンク / ボサノヴァのエッセンスを巧みに取り入れたサウンドをnaomi & goroのサウンドに見事にアレンジしています。naomi & goroのボサノヴァ・サウンドだけでなく、これまでとは一味違ったジャズやポップ・ミュージックまで楽しめる作品となっています。

 そして、録音直後の『CAFE BLEU SOLID BOND』の最速試聴会を12月12日(水)に秋葉原Le Tabouにて開催。坂本龍一氏のライヴでも愛用されているムジークエレクトロニックガイザインのサウンド・システムでマスタリング前の音源を視聴しつつ、本作のレコーディング・エンジニアである井野健太郎氏を迎え、ミックスのデモンストレーションを行ないます。

 そして、ムジークの輸入代理店バラッド所属、『ジャズ批評』にてコラムを執筆する佐藤博康氏も加わり、『CAFE BLEU』について語り合う予定。お楽しみに。

■2013年3月6日(水)発売
naomi & goro
『CAFE BLEU SOLID BOND』


■〈伊藤ゴロー presents CAF遵ッ BLEU / The Style Council〉

2012年12月12日(水)東京 秋葉原 Le Tabou
www.letabou.jp
開場 18:30 / 開演 19:00
入場無料(定員20名 / 要予約)

[ナビゲーター]
伊藤ゴロー(naomi & goro)
井野健太郎(レコーディング / ミキシングエンジニア)
佐藤博康(Ballad)

[内容]
naomi & goroニューアルバム『CAFE BLEU SOLID BOND』ミックス・デモンストレーション&試聴会

※1: ご予約について
本ワークショップは予約制となります。
参加人数、参加者のお名前を全て記載の上「info@letabou.jp」まで
メールにてご予約いただくか、「03-6206-4322」までお電話で参加希望の旨をお伝え下さい。 定員に達し次第、募集は終了させていただきます。

※2: 当日の配信中継について
当日はUSTREAM・ニコニコ生放送での配信を予定しています。
チャンネル詳細は後日お知らせいたします。

www.letabou.jp/workshop
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ドキュメンタリー作品『ザ・ビートルズ:Get Back』を観た![インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表
[特集] スティング、「僕らには架け橋が必要なんだ」新作『ザ・ブリッジ』を本人のコメントとともに徹底解説[インタビュー] 藤木大地、日本が世界に誇るカウンターテナーが舞台をもとにした新作アルバムを発表
[インタビュー] “ひねくれポップの大団円”がつぽんず、初の全国流通版[インタビュー] カーネーション、4年ぶり通算18枚目のアルバム
[インタビュー] 在ノルウェーのピアニストがECMからの初リーダー作で聞かせる“静寂の美”、田中鮎美[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く
[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』
[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015