ニュース

小島みなみ・紗倉まなのユニット、乙女フラペチーノが新作MV「私ほとんどスカイフィッシュ」を公開

乙女フラペチーノ   2016/07/08 17:07掲載
はてなブックマークに追加
小島みなみ・紗倉まなのユニット、乙女フラペチーノが新作MV「私ほとんどスカイフィッシュ」を公開
 懐かしのヒットソングをセクシー女優が歌うハイパー・アイドル・グループ、SEXY-Jのメンバーでもある小島みなみ紗倉まなの2人組ユニット、乙女フラペチーノが“ちょっと前衛的”をコンセプトにした両A面シングル「私ほとんどスカイフィッシュ / 乙女の炎上」を8月26日(金)にリリースします。YouTube(www.youtube.com/watch?v=b3R-jjIKooc)では収録曲「私ほとんどスカイフィッシュ」のミュージック・ビデオ(Short ver.)を公開中です。

 「私ほとんどスカイフィッシュ」は、“高田馬場のJOY DIVISION”“だらしない54-71”との異名をほこる東京発4人組バンド、トリプルファイヤーの吉田靖直 (vo)と鳥居真道(g)がサウンドプロデュースを手がけており、2人にとって初の楽曲提供作品。彼らは、世界的なコンテンポラリー・ダンス・カンパニーとして知られるコンドルズ近藤良平が振付を担当したMVにも乙女フラペチーノと一緒に出演しており、シュールに響く歌詞と、ミニマルでチープなサウンドがクセになる、独特の世界を披露しています。


 また、もう一方のシングル収録曲「乙女の炎上」は、お笑い芸人・俳優・ミュージシャンと多方面で活躍するマキタスポーツがサウンドプロデュースを担当。タイトル通りの“炎上”を主題に、コールアンドレスポンスやセリフ・パートを盛り込むなど、ステージ映えも抜群のアッパーな内容となっている模様です。

 乙女フラペチーノはシングル・リリースを記念し、7月14日に東京・渋谷 HMV & BOOKS TOKYOでイベント〈楽曲生お披露目会(仮)〉を開催。トリプルファイヤーの吉田&鳥居、マキタスポーツ(VTR出演)ほか、MCにぱいぱいでか美(1部)、シャバダバふじ(2部)らが出演し、「FRESH! by AbemaTV」での生配信も予定しています。同店ではシングルを予約された方にイベント参加券を配布中。

拡大表示拡大表示拡大表示拡大表示拡大表示


■2016年8月26日(金)発売
乙女フラペチーノ
「私ほとんどスカイフィッシュ / 乙女の炎上」


「乙女とパンツ」盤
CD + DVD LNZM-1145〜46 2,130円 + 税

「乙女と電車」盤
CD + DVD LNZM-1147〜48 2,130円 + 税

「乙女と矢」盤
CD + DVD LNZM-1149〜50 2,130円 + 税
※ジャケット3タイプ / ジャケットのみ異なるデザインとなっており全タイプとも収録内容は同一。

[CD]
01. 私ほとんどスカイフィッシュ
02. 乙女の炎上
〈Bonus track〉
03. 私ほとんどスカイフィッシュ(みなみver.)
04. 私ほとんどスカイフィッシュ(まなver.)
05. 私ほとんどスカイフィッシュ(Instrumental)
06. 乙女の炎上(Instrumental)

[DVD]
01. 私ほとんどスカイフィッシュ(Music Video)
02. 密着ドキュメンタリー(ジャケット撮影 / Music Video撮影 / レコーディング)
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
[インタビュー] 丸みのある、自然体の音楽 Opus Inn『Time Rolls On』[インタビュー] 消費者だったら消費者らしく盛り上がれ “侵食する”ARKHAM
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015