ニュース

小西玲太朗率いる“PAYFORWARD”が『INFLATION』発売記念のインストア・ライヴを開催

PAYFORWARD   2018/07/11 13:00掲載
はてなブックマークに追加
小西玲太朗率いる“PAYFORWARD”が『INFLATION』発売記念のインストア・ライヴを開催
 7月4日(水)に1stミニ・アルバム『INFLATION』をリリースした小西玲太朗率いる音楽プロジェクト“PAYFORWARD”が、同作の発売を記念したインストア・ライヴを7月4日に東京・渋谷モディ、7日にはタワーレコード渋谷店にて開催。

 ライヴでは『INFLATION』から、ミュージック・ビデオが公開されているリード・トラック「Monograph」をはじめ、「NewORDER」「Q & A」「レシピ」などの収録曲を披露。作品に込められた思いなどもMCで語りました。

[オフィシャル・レポート]

 海外在中の新人アーティスト・小西玲太朗がコンポーザー / ヴォーカルを務める音楽プロジェクト“PAYFORWARD”が、7月4日(水)に1stミニ・アルバム『INFLATION』をリリース。その発売を記念し、渋谷の街をジャックした。

 リリース当日には渋谷MODIにてインストアライブが行われ、数百人のオーディエンスが詰めかけるほどの大盛況に。ライブが始まるや否や、「#ぺイフォワ」のワードがTwitterのトレンド入りを果たすなど大きな賑わいぶりを示した。

 そしてこの度、7月7日(土)に二回目となるインストアライブがタワーレコード渋谷店にて開催。店舗入口、エスカレーター横の壁にはPAYFORWARDのポスターがズラッと並び、会場はオープン時から不思議な高揚感に包まれていた。

 午後13時、いよいよインストアライブがスタートすると、大きな拍手で迎えられステージにメンバーが登場。「今日はアットホームにいきたいと思いますので、気楽に観ていってください」と気負わないMCでオーディエンスを歓待すると、まずは「NewORDER」を披露した。体が自然と動き出すアップテンポな曲調に合わせて手拍子をするオーディエンスの姿が印象的だ。二曲目「Q & A」では、オーディエンス一人一人に目線を合わせながら力強い歌声を聴かせる。このまま曲が終わらなければいいな……と思わせるエモーショナルな時間が流れ、終盤には拍手喝采が起こった。

 MCでは、「真剣に世界を変えていきたいと思って音楽活動をしています」と熱い想いを語り、その流れから『INFLATION』のリード曲「Monograph」を披露し、会場を温かなムードで包み込んだ。拳を胸に強く当てながら全力で歌いあげる姿には、思わず目が釘付けになる。続いて披露したのは「人型のラブレター」。ステージ上を歩きながら、よりオーディエンスの近くで寄り添うように歌い上げていた。

 ライブ終盤、「僕の届けたい音楽は“共感”じゃない。“提案”がしたい」と胸の内を明かしたボーカルの小西玲太朗。音楽に人生を変えてもらったという自身のエピソードを振り返りつつ、「ペイフォワの音楽を聴くことで今までとは違う物の見方ができたり、新たな価値観が芽生えれば……」と、作品に込めた想いを噛みしめるように吐露する。そして「今日は出会ってくれてありがとう」という言葉とともに「レシピ」を優しく語りかけるように歌い、インストアライブはフィニッシュを迎えた。

 インターネットやSNSの普及によって、より人と人との繋がりを大切にしていく必要性が生まれつつある現代社会。そんな中で、PAYFORWARDの楽曲は“自分自身の生き方や考え方にもっと自信を持っていいんだ”と感じさせてくれる。曲それぞれに強いメッセージを織り込みながら歌う彼に、さらなる期待を寄せたくなるインストアライブだった。

 PAYFORWARDは年内中に新曲リリースやワンマンライブを予定しているとのことなので
今後の動向に注目していきたい。


拡大表示拡大表示
拡大表示拡大表示


■2018年7月4日(水)発売
PAYFORWARD
Inflation

LGPP-001 1,500円 + 税

[収録曲]
01. Monograph
02. 人型のラブレター
03. レシピ
04. NewORDER
05. Q & A
06. Collage
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] まず“自分という人”がいて、そのなかに“音楽家、ギタリスト”の自分がいる――“いま”の村治佳織を投影させた『シネマ』[インタビュー] 俺らなりのヒップホップを提示するだけ―― BULL CAMP×MIKRIS
[インタビュー] 歌い継がれることで更新されていくポップ・ミュージック ザ・なつやすみバンド『映像』[インタビュー] kamui&なかむらみなみ TENG GANG STARRは“夢”に生きる
[インタビュー] 変わりゆく同じグルーヴ――BUDAMUNK『Movin’ Scent』[インタビュー] 音楽に滲む風景 mabanua『Blurred』
[インタビュー] “この一瞬をどう生きるか”――桑原あい『To The End Of This World』[インタビュー] 結果が全て――結成11年目を迎えた岸田教団&THE明星ロケッツの新作「シリウス」
[特集] 【Live Report】愛と熱狂のF6初単独ツアー![インタビュー] 生まれ変わる必要なく、いつでも少年の心に戻れる――KOJOE『2nd Childhood』
[インタビュー] “バトル・ブーム以降”を踏まえて、大きな場所でやることの意味 輪入道『暴道祭』[インタビュー] 一言で言うと、青春――DÉ DÉ MOUSEが“アガる”もの『be yourself』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015