ニュース

さくら学院から、初の卒業生が誕生!

さくら学院   2012/03/27 16:12掲載
はてなブックマークに追加
さくら学院から、初の卒業生が誕生!
 “成長期限定ユニット”こと、さくら学院が3月25日(日)、東京・日本橋三井ホールでイベント<さくら学院 2011年度 卒業 〜旅立ち〜>を開催。この日の17:30からの公演を最後に、中等部3年の武藤彩未、三吉彩花、松井愛莉がグループから“卒業”。“教室エンターテイメント”というコンセプトにふさわしい数々の演出に加え、現メンバーでのラスト・ライヴという特別な1日となりました。

 ライヴはまず、ポジティヴな気持ちに溢れたアップ・チューン「FLY AWAY」「チャイム」からスタート。晴れやかな笑顔と元気いっぱいの歌声、さらなる成長を感じさせるダンスがステージを華やかに彩っていく。この2曲だけで、彼女たちのパフォーマンスが確実に進化していることがまっすぐに伝わる! 「12人の集大成を見せるつもりで、できる限りがんばります!」という生徒会長・武藤の挨拶を挟み、部活動(グループ内ユニット)コーナーへ。Twinklestars(バトン部)、ミニパティ(クッキング部)、Sleepiece(帰宅部)、SCOOPERS(新聞部)、BABYMETAL(重音部)がそれぞれ個性的なパフォーマンスを披露。

 2010年から11年までの活動を振り返るVTR、メンバー全員の合唱からはじまった「School days(合唱Ver.)」、卒業生3人による「3.a.m.」から、ライヴは少しずつ卒業式モードに。「さくら学院の曲とはぜんぜん違っていて、ダンスもカッコいい!」(中元すず香/中2)という感想に対して、松井が「最初は3人だけで大丈夫かなーって思ってたんですけど、すごく楽しくできました!」と答えながらも“彼女たちが一緒にステージに上がるのもこれが最後”そんな寂しさがゆっくりと広がっていく。

 フォークダンスを取り入れた2ndシングル「ベリシュビッッ」によって、ライヴはクライマックスへ突入。まっすぐでピュアなヴォーカル&コーラス、次々とフォーマットを変えながら繰り広げられるダンス・パフォーマンス。さくら学院のテーマソングとも言える「message」の際には、すでに涙ぐんでいるメンバーも……。


さくら学院

さくら学院


 本編終了後は、ついに卒業式へ。“校長”の倉本美津留(演出家、放送作家)が、小学校を卒業する菊地最愛、田口 華、水野由結、そして、武藤、三吉、松井へ卒業証書を手渡す。さらに在校生代表の中元が「みなさんは本当のお姉さんのように私たちの大きな支えと、確かな手本になってくださいました」と送辞を述べ、武藤が「ステージの上で、みんなと心が一つになる瞬間が大好きでした」「私たちは、自信を持って、この学校は日本一、いや、世界一ステキな学校だって言うことができます」と答辞を読み上げると、メンバー全員が号泣。会場は大きな感動で包まれました。

 アンコールでは涙を拭き、清々しい表情で「旅立ちの日に〜J-MIX〜」「See you...」を力いっぱい披露。最後に卒業生の3人が「言葉には表せないほど、感謝でいっぱいです」(松井)、「忘れられない2年間になりました。ファンのみなさん、やさしく、温かく接してくれて、ありがとうございました。大好きです!」(三吉)、「これはお別れではありません。私たちは自分の夢に向かって旅立ちます!」(武藤)と挨拶し、記念すべきライヴを終えました。

 なお、きたる5月6日(日)には、かつてさくら学院が初単独ライヴを行なった横浜・赤レンガ倉庫3Fホールにて2012年度の幕開けとなるイベントが開催決定! 詳しくはオフィシャル・サイト(www.sakuragakuin.jp)へ!
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
[インタビュー] 丸みのある、自然体の音楽 Opus Inn『Time Rolls On』[インタビュー] 消費者だったら消費者らしく盛り上がれ “侵食する”ARKHAM
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015