ニュース

たんこぶちんが2019年2月の東名阪福ツアーを最後に活動休止

たんこぶちん   2018/12/12 12:00掲載
はてなブックマークに追加
たんこぶちんが2019年2月の東名阪福ツアーを最後に活動休止
 今年3月に発売されたベスト・アルバム『TANCOBEST』や、7月よりライヴ会場限定で販売中のシングル「プロローグ / 大丈夫」が好評を博している5人組バンド“たんこぶちん”が、2019年2月に開催する東名阪福ツアー〈We are the TANCOBUCHIN !!!!!!〉のスケジュールを公開。併せて、同ツアーを以っての活動休止も発表されています。

 2007年に佐賀県唐津市で結成されたたんこぶちんは、2013年に出場したヤマハ主催の音楽コンテスト〈The 6th Music Revolution〉全国大会での優秀賞受賞をきっかけにメジャー・デビュー。以後数々のフェスティヴァルに出演し、2015年にはスペイン・バルセロナのジャパンカルチャーフェス〈Salón del Manga〉にてヘッドライニング。昨年は全劇中歌を担当した映画『二度めの夏、二度と会えない君』に、ギター・ヴォーカルのMADOKAがヒロイン役で出演して話題となりました。

 今秋はMADOKAの体調不良により全国ツアーを延期していたたんこぶちん。MADOKAは快方に向かったものの、〈We are the TANCOBUCHIN !!!!!!〉が実質ラスト・ツアーとなります。

[たんこぶちん、延期ツアー日程発表と活動休止のお知らせ]

たんこぶちんを応援してくださるすべての皆さまへ
 
いつもたんこぶちんを応援してくださり本当に有難うございます。この秋、ボーカルMADOKAの体調不良により延期となっておりました「TANCOBUCHIN TOUR 2018 “RPG”」ですが、MADOKAの体調もようやく回復し、ツアータイトルも改め、下記の日程で実施させていただく運びとなりました。ご心配をおかけした多くのファンの皆さまにお詫び申し上げますとともに、長らくこの発表を待っていただけたことを心より感謝申し上げます。

また、併せましてここに重大なお知らせをさせていただくことになりました。今回の延期となったツアーや今後の活動に関してメンバー同士で何度も会話を重ねる中、たんこぶちんとしての将来、そしてメンバーそれぞれの将来を改めて話し合いました。その結果、一度たんこぶちんとしてのバンド活動を休んで、お互いの人生を違う角度から歩んでみようという結論に至りました。バンドとしてはお互いの将来に向け前向きに出した結論ではありますが、長く応援してくださったファンの皆さまには残念なお知らせとなってしまったこと、深くお詫び申し上げます。

2007年の結成以来、そして2013年のメジャーデビューを経て、多くの出会いがありました。
ファンの皆さんをはじめ、たんこぶちんに関わっていただいたすべての方々への感謝の気持ちを忘れることなく、この最後のツアーにメンバー、スタッフ一同全力を尽くしたいと思います。

 
そして、どうか、私たちの決断を受け止めていただけたら幸いです。

 
2018年12月12日(水) 
たんこぶちんメンバー・スタッフ 一同より


たんこぶちんツアー2019
「We are the TANCOBUCHIN !!!!!!」


2月10日(日)
愛知 名古屋 APOLLO BASE
開場 16:30 / 開演 17:00

2月11日(月・祝)
大阪 北堀江 club vijon
開場 16:30 / 開演 17:00

2月20日(水)
東京 渋谷 WWW X 
開場 18:15 / 開演 19:00

2月24日(日)
福岡 UTERO
開場 16:30 / 開演 17:00

[ファンクラブ有料会員 先行販売]
2018年12月13日(木)12:00〜19日(水)23:59

[ファンクラブ無料会員 先行販売]
2018年12月21日(金)12:00〜25(火)23:59

[一般発売]
2019年1月12日(土)10:00〜
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー
[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地
[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る
[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る
[インタビュー] 山中千尋、ブルーノートとペトルチアーニへの思いを胸に、新作でジャズのキラキラした魅力を伝える[インタビュー] ハロプロ スッペシャ〜ル特別版 卒業直前! 宮崎由加(Juice=Juice)ロング・インタビュー
[インタビュー] “シティ”から“タウン”へ “けもの”のユニークな創作のひみつ[インタビュー] 音楽史上初めて登場した“ミニマル・ネイティヴ”のヴァイオリニスト、マリ・サムエルセンのDG専属契約第1弾ソロ・アルバム『マリ』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015