ニュース

ニューヨークでいま最も注目を浴びるピアニスト、ヴィゼ・イアーが日本デビュー!

ヴィゼ・イアー(VIJAY IJER)   2010/07/20 14:32掲載
はてなブックマークに追加
ニューヨークでいま最も注目を浴びるピアニスト、ヴィゼ・イアーが日本デビュー!
 2006、2007年と米国ジャズ専門誌『ダウンビート』の国際批評家投票で“Rising Star Jazz Artist”、“Rising Star Composer”の両部門を制し、そのほか『ヴィレッジ・ヴォイス』紙、『ニューヨーク・タイムズ』紙などから「40代以下の世代では最も重要な位置にいるピアニスト」との高い評価を得ている注目のピアニスト、ヴィゼ・イアー(Vijay Iyer)が本邦デビュー盤『デビュー(原題:Solo)』(VACG-1011 税込2,625円)を8月18日にリリースします。

 現在39歳のヴィゼ・イアーは、ニューヨークのインド移民の家庭に生まれ、幼少時はクラシックを学び、高校生でジャズに目覚め、卒業後はバークリー音楽院に進学。自らの音楽に影響を与えた存在として、デューク・エリントンセロニアス・モンクアンドリュー・ヒルセシル・テイラーを挙げており、エレクトロニカ、ヒップホップ、ロック、さらにはスティーヴ・ライヒバルトークドビュッシーなどクラシックなど、多ジャンルの音楽を吸収したユニークな音楽スタイルが評価されています。(しかし、彼のスタイルの基本にあるのが両親の母国のインド音楽のリズムやメロディなのだそう!)
 
 そして待望の本邦デビュー盤は、ソロ・ピアノ作。オリジナル曲が4曲に、マイケル・ジャクソンの「ヒューマン・ネイチャー」や、セロニアス・モンクの「エピストロフィ」、スティーヴ・コールマンの「ゲームズ」などのカヴァー曲を収録しています。これまで10枚以上のリーダー作を発表しており、そのどれもが主要音楽誌で年間ベスト・アルバムに選ばれるなど、その実力は折り紙つき。ぜひ本邦デビュー盤でその実力をチェックしてみてください!


※8月18日発売
ヴィゼ・イアー
『デビュー』
(VACG-1011 税込2,625円)

[収録曲]
01.ヒューマン・ネイチャー
02.エピストロフィ
03.ダーン・ザット・ドリーム
04.ブラック・アンド・タン・ファンタジー
05.プレリュード:ハートピース
06.オートスコピー
07.パターンズ
08.デザイアリング
09.ゲームズ
10.フルーレット・アフリケイン
11.ワン・フォー・ブローン
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー
[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地
[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る
[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る
[インタビュー] 山中千尋、ブルーノートとペトルチアーニへの思いを胸に、新作でジャズのキラキラした魅力を伝える[インタビュー] ハロプロ スッペシャ〜ル特別版 卒業直前! 宮崎由加(Juice=Juice)ロング・インタビュー
[インタビュー] “シティ”から“タウン”へ “けもの”のユニークな創作のひみつ[インタビュー] 音楽史上初めて登場した“ミニマル・ネイティヴ”のヴァイオリニスト、マリ・サムエルセンのDG専属契約第1弾ソロ・アルバム『マリ』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015