ニュース

吉井和哉が内田けんじ監督作品で初主演!

吉井和哉   2012/11/28 14:49掲載
はてなブックマークに追加
吉井和哉が内田けんじ監督作品で初主演!
 『アフタースクール』『鍵泥棒のメソッド』で知られる内田けんじ監督の最新作『点描のしくみ Queen of Hearts』にて、シンガー・ソングライターの吉井和哉が初主演をつとめました! 本作はオフィシャル・サイト(tenbyo-movie.com)にて公開中です。

 2人の出会いは、吉井が主題歌を提供した映画『鍵泥棒のメソッド』。映画の面白さと、内田監督の才能に触れた吉井は「また一緒に、何か作品を作り出せたら」と思っていたそうで、8月に行なわれた『鍵泥棒のメソッド』完成披露試写会に登壇した際、軽いノリで「今度は映画に出演させてください」と内田監督に言ったところ、内田監督は“俳優・吉井和哉”をどんな形で見せたら面白いかと企画を考え続け、吉井の楽曲「点描のしくみ」からインスパイアを受けた“予告編の形をとった超短編”、『点描のしくみ Queen of Hearts』を作り上げました!

 “物語の行き先がわからない”という過去に例のない作品となった『点描のしくみ Queen of Hearts』への出演を快諾したのは、相武紗季豊原功補。そして脇を固めるのは、大堀こういちなど、内田監督作品で“同じ役柄”で登場したことのある俳優たち! 斬新で贅沢な201秒の物語となっています。

 また、本作の主題歌となった吉井和哉が歌う新曲「HEARTS」は絶賛配信中、来年の1月23日にリリースされるベスト・アルバム『18』にも収録されます。

点描のしくみ Queen of Hearts

点描のしくみ Queen of Hearts


『点描のしくみ Queen of Hearts』
オフィシャル・サイト(tenbyo-movie.com)にて公開中。

<吉井和哉からのコメント>
 「内田監督とはいつかまたご一緒できればと考えていたのですが、今回こういった形で作品を作っていただくことができて、とても幸せです。撮影の3日間は初めてのことばかりで戸惑いましたが、監督を始めスタッフ、共演者の皆さんのおかげで楽しく“タクシー運転手”の役を演じることができました。今回は予告編だけでしたが、チャンスがあったらいつか本編に挑戦したいと思っています」

<相武紗季からのコメント>
 「内田監督は優しくてあったかい方で、現場を楽しむ感じが素敵でした。吉井さんはとても楽しく、面白くて、優しい方でした。撮影は、何が……で表現できないくらい全てが楽しかったです。今回は台本があるようでなかったので……作品撮りとは違って、役をつかみにくい部分が難しかったです。完成した作品を観ながらワクワクしました」

<内田けんじ監督からのコメント>
 「脚本がないまま各シーンを演出するのは大変でしたが、吉井さんが異質の世界にいるというか、意外な驚きと面白さがある予告編になったと思います。これを観て本編は一体どんな映画なんだろうといろいろ想像して楽しんでもらえたらいいなと思います」

【ストーリー】
大企業の社長の死、なくなった大金。犯人は父を恨む隠し子の女。それは、完璧に仕組まれた計画だった。だが、たまたま居合わせたタクシー運転手・本田がとった意外な行動により、女が逃げてしまったことから計画は狂い始める。奈々子と名乗るその女は、仕組んだ犯人と父親の死の真実を知りたかった。本田は、奈々子が持つ金に目がくらみ、危険な事件解明に付き合う羽目に。が、少し調べたら、その真相にあっと言う間に辿りついた。犯人は社長の腹心で、女の恋人・宇崎しかありえない。しかし、女はその事実は頑として認めない。「可哀そうな女だ」と呆れる本田に、奈々子は「宇崎は犯人だけど犯人じゃない!」と言う。その言葉の意味とは? 単純明快に見えた点と点の繋がり。しかし視点を変えると、まったく違う出口へと繋がっていたのだ――。

出演:吉井和哉、相武紗季、豊原功補、大堀弘一、林和義、ウダタカキ、佐藤佐吉
監督・脚本:内田けんじ
主題歌:「HEARTS」吉井和哉
製作プロダクション:シネバザール
製作:「点描のしくみ」製作委員会
(C)2012「点描のしくみ」製作委員会
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “生命のありさま”みたいなもの――ORIGINAL LOVE『bless You!』[インタビュー] もっと正直になりたい――本気は、きっと伝わる 杏沙子『フェルマータ』
[インタビュー] 三遊亭円丈「恋のホワン・ホワン」など“カルトな名作”を手がけた中村俊夫がトリオ・レコードの軌跡を語る[インタビュー] 自分が魅せられた“ヒップホップ”を表現したかった “DEFなYが送る特別授業”YUKSTA-ILL『DEFY』
[インタビュー] 自分にとっては“禊”って感じ――LIBRO『SOUND SPIRIT』[インタビュー] 自分がどう思ったか、どう判断したか “らしさ”を模索するYoumentbay
[インタビュー] 稀代の名プロデューサー、トレヴァー・ホーンが80年代の名曲をフル・オーケストラとともにカヴァーしたニュー・アルバムを発表[インタビュー] “常に自分をアップデートさせたい”前向きな姿勢を反映したE.P第2弾、竹内アンナ『at TWO』
[インタビュー] みんな“トモダティ” エレクトロオルタナティブユニット“tomodati”登場[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表
[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015