リサーチ

ダイハツ「タフト」のCMソングを歌っているのは?

Michael Kaneko   2020/06/15掲載
はてなブックマークに追加
ダイハツ「タフト」のCMソングを歌っているのは誰ですか?
 ダイハツの軽クロスオーバー「タフト」のCM「プロローグ」篇が、6月より全国でオンエアされています。

 コロナの影響下にある世の中に向けて、未来にはきっと明るい日常が待っているという前向きな願いを、メッセージした本CM。タフトの特徴であるスカイフィールトップ抜けに広がる青空を1つのシンボルに、これから始まる新しい日常、そして様々な可能性へ向けて出発するストーリーが展開される中、幸せの青い鳥タフトンが、可能性の空へ一歩踏み出す人を後押ししてくれる一言を投げかけてくれる様子が、シンボリックな青空が象徴的な爽快で開放的な世界観の中で、色鮮やかに描かれています。

 このCMで使用されている楽曲は、「新しい朝が来た〜♪」でおなじみの「ラジオ体操の歌」。軽快さを感じるリズムと英語詞で新鮮でカッコよくアレンジされたものが使用されており、歌唱はMichael Kanekoが担当しています。なお青い鳥タフトンの声を担当しているのは、お笑いコンビ千鳥大悟です。

(写真は、2017年10月に発売されたMichael Kanekoのデビュー作品『Westbound EP』)

※ 記事は掲載日時点での情報をもとに書かれています。掲載後に生じた動向、および判明した事柄等は反映しておりません。ご了承ください。
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 杏沙子[インタビュー] 柴田聡子、新しい試みとニューEP
[インタビュー] PIZZICATO ONE、5年ぶりのニュー・アルバムはワンマンライヴの実況録音盤[インタビュー] 緊急超会議!アップアップガールズ(仮)×アップアップガールズ(2)×アップアップガールズ(プロレス)
[インタビュー] シバノソウ、独創的なサウンドに少女のリアルをこめた1stアルバム[インタビュー] 久保田麻琴、最新マスタリングで復刻される、70年代の名盤3枚を語る
[インタビュー] 加藤和樹、デビュー15年目のエモーショナルなミニ・アルバム[インタビュー] カミーユ・トマ、“暗闇から光に向かう旅”という物語の曲が集まった新作で、チェロが奏でる希望の声
[インタビュー] plane、普遍的な魅力を持った7年ぶりのニュー・アルバム[インタビュー] TOKU、ジョヴァンニ・ミラバッシとの出会いから生まれたフランスでのデビュー・アルバム
[インタビュー] 太田貴子、“クリィミーマミがいたから今の私がいる”徳間ジャパン時代の全音源を収める作品集を発表[インタビュー] ジャンル、世代、国境を越えるOSAMU SATOの最新作
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015