ニュース

西本智実&イルミナートフィルハーモニーオーケストラが2年連続でヴァチカン国際音楽祭に招聘!

西本智実   2014/04/16 16:06掲載
はてなブックマークに追加
西本智実&イルミナートフィルハーモニーオーケストラが2年連続でヴァチカン国際音楽祭に招聘!
 昨年、〈ヴァチカン国際音楽祭〉にアジア初の団体として招聘され、大きな喝采を浴びた西本智実とイルミナートフィルハーモニーオーケストラ&イルミナート合唱団が、今年も同音楽祭および“枢機卿ミサ”に招聘されることが決定しました!

 10月25日に行なわれる“枢機卿ミサ”では、モーツァルトのミサ曲(K.427、K.317「戴冠式ミサ」よりヴァチカン指定抜粋)と、日本の隠れキリシタンに歌い継がれてきたオラショの原曲であるグレゴリオ聖歌を、サン・ピエトロ大聖堂に響かせます。

 そして10月26日にサン・パオロ大聖堂で開催される“ヴァチカン国際音楽祭”では、ヴェルディの「レクイエム」を演奏します。

 西本は昨年、長崎県平戸市生月島で450年にわたって歌い継がれてきたオラショを聖地ヴァチカンへ里帰りさせ、今年はヴァチカンで歌ったメンバーによる、ベートーヴェンの第九とオラショの演奏会を平戸で開催するとのこと(8月24日)。長崎県は“長崎の教会群とキリスト教関連遺産”の世界遺産登録を目指し、ローマ法王から支援のメッセージも届いています。

写真:(c)大木大輔

枢機卿ミサ
2014年10月25日 サン・ピエトロ大聖堂

ヴァチカン国際音楽祭
2014年10月26日 サン・パウロ大聖堂

※詳細はイルミナートフィルハーモニーオーケストラの“ヴァチカン国際音楽祭 2014”サイトへ
vatican.illuminart-phil.com
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ピアノ演奏の基礎の部分をショパンで構築してきた――牛田智大、10代最後に取り組んだショパン・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズが新レーベル「レインボー・ブロンド」を始動――第一弾アーティスト・ターリがデビュー・アルバムをリリース
[インタビュー] もうひとつのシティ・ポップ――Dos Monos『Dos City』[インタビュー] 音楽は、生き方そのもの BUPPON『enDroll』
[インタビュー] トリオ・レコードが遺したミュージカル作品 発売当時のディレクター徳光英和が『上海バンスキング』などについて語る[インタビュー] 想像を形にする“宇宙”を舞台とした、Shing02とSauce81の共作アルバム『S8102』
[インタビュー] 音ゲーは“音楽の楽しさを伝えるツール” モリモリあつし『タイムカプセル』[インタビュー] ブルッフの協奏曲は、人生のステージの中でいつも傍にあった曲──アラベラ・美歩・シュタインバッハー、〈東芝グランドコンサート2019〉に出演
[インタビュー] 新しいセッションだから“シーズン2” Mari & Bux Bunny シーズン2始動[インタビュー] いまだからこそ作れたコレクション 鈴木惣一朗が細野晴臣プロデュース・レーベル「ノンスタンダード」について語る
[インタビュー] 仏教と音楽が私の楽しみであり、人生のともしび――三浦明利『いのちのともしび』[インタビュー] THREE1989が挑んだ“愛のアルバム”『Kiss』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015