ニュース

モーマスが“志村けん”にインスパイアされた新曲を発表!

2004/04/21掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 いわゆる“日本通”と呼ばれるミュージシャンは多いですが、彼ほど、日本をこよなく愛するミュージシャンはいないかも知れない、日本大好きミュージシャン“モーマス”。最近では日本に住んでいる時間も長くなり、あの浅草キッドの水道橋博士とも、なぜだか仲が良いというモーマスは、ひょっとすると日本人以上に日本に詳しいかもしれないと思わすほど、日本をよく知る人物。そんなモーマスが、今回なにも思ったか、あの“志村けん”にインスパイアされた新曲を制作してしまったそうで、自身のblogページに、その新曲を発表してしまいました!

 「Corkscrew King」と題されたこの曲は、サビの部分で、♪バカ殿、バケモノ、ヘンなおじさん がむしゃら、セクハラ、ヘンなおじさん〜と、音頭調のリズムに合わせて、彼自身が日本語で歌っているという、いかにも不思議さ漂うモーマスらしい一風変わった曲。わざわざ、同ページにて、「バカ殿」を“裸の女性と跳ね回るハレンチな王様”、「ヘンなおじさん」を“恥を示さないスケベ親父”と紹介していることから、どうやら、モーマスは志村けんの“スケベな部分”に多大なるインスパイアを受けたらしく、この曲の詞もスケベなもので統一されています。ただ、そこは一筋縄ではいかないモーマスのこと、この曲についても、“志村けんとフランケンシュタイン、そして、W.B.イェーツをミックスした曲”と解説するなど、凡人にはその意味が分からない発言もしています。その発言はともかくとして、日本人であるならば、是非とも聴いてみて欲しい面白い曲となっているので、アナタも是非とも聴いてみてください! 出来れば、志村けんにも聴いて欲しいものですね? (写真は『バカ殿様とミニモニ姫。/シングルV「アイ〜ン体操&アイ〜ン!ダンスの唄」』
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “グレート・アメリカン・ソングブック + スパイス・ガールズ” ローレン・デスバーグの普遍的魅力[インタビュー] “豊かさ”を思い出させる音楽 児玉奈央『IN YOUR BOX』
[インタビュー] ジャズ・ギタリスト小沼ようすけが追求する、生き方とマッチした音楽“Jam Ka”[インタビュー] どんどん上がっていくイメージをキープしていたい――ラフィンノーズが“ニュー・アルバム”『NEGATIVE』を2作同時リリース
[インタビュー] 最新の挑発――Ramza『sabo』[インタビュー] “知らない土地でノーバディになれた” 解き放たれたインプロヴィゼーション――ハクエイ・キム『カンヴァセーションズ・イン・パリ』
[インタビュー] フレッシュな気持ちとユーモアをもって音楽に接する 高田 漣『FRESH』[特集] 働く女性を応援!ラフィネの新CMは「職業、セラピスト。」
[インタビュー] 遊佐未森、デビュー30周年記念作品第2弾はライヴ音源+映像のメモリアル作品[インタビュー] CAPTAIN TRIP RECORDS&MARBLE SHEEPのKEN MATSUTANI率いる“KEN & THE STRANGE MOON”が1stアルバムをリリース
[インタビュー] ピアノ演奏の基礎の部分をショパンで構築してきた――牛田智大、10代最後に取り組んだショパン・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズが新レーベル「レインボー・ブロンド」を始動――第一弾アーティスト・ターリがデビュー・アルバムをリリース
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015