ニュース

刺繍作家risa ogawaが個展〈多弦刺繍と空間原理〉を4月に東京で開催

2019/03/14 12:22掲載
はてなブックマークに追加
刺繍作家risa ogawaが個展〈多弦刺繍と空間原理〉を4月に東京で開催
 愛知県名古屋市在住の刺繍作家、risa ogawaが個展〈多弦刺繍と空間原理〉を4月3日(水)から7日(日)まで東京・新井薬師前のギャラリー・スペース「スタジオ35分」にて開催。会期中の6日(土)には、会場にて“Closing Party Live”として、17:00開始の第1部 / 20:00開始の第2部と、Gofishがライヴを行ないます。

 risa ogawaは、ラッパーCampanellaが2016年に発表したアルバム『PEASTA』のジャケット・アートワーク制作に参加し、翌年に渋谷 WWW Xで行なわれた同作のリリース・パーティでは会場内の装飾を担当。今回の〈多弦刺繍と空間原理〉は、2017年に大阪・山本製菓で開催した個展〈赤いシシュウ。〉の記録写真を編集した『PHOTO BOOK「赤いシシュウ。」』の出版を経て、各地で不連続に行なう個展シリーズの東京篇。日々変化するインスタレーション・アート作品が展示されます。

拡大表示拡大表示


「多弦刺繍と空間原理」

変化をせずに存在し続けることは無理に等しい。
私たちは有限であることによって生まれる価値の中に生きている。お金にしても、命にしても、若さににしても有限であるという前提で社会を構成している。
変化は永遠に続く。終わりはない。始まりもない。ただそこに存在し、別の場所に移動するだけだ。変化の円運動が螺旋であることに遅かれ早かれ気付くだろう。

時として、自分の根源を見失ってしまうこともある。
光から照らされていることを忘れてしまって狭く暗い場所で重たい物質に膨れ上がることもあれば、広い空間で解放され自と他の境界が曖昧になって世界に解けきることもある。
底にある湖は波立つ事もあれば、穏やかな(そこに水面があることも忘れるような)平安を保つ事もある。私たちはただただ、それを眺めている。

集中と解放を思い出したら肉体を持っていることを楽しめばいい。

宗教と科学は融合する。芸術はその少し前に発生する。準備された空間は既にもう満ち足りている。


――risa ogawa, 2019



risa ogawa個展「多弦刺繍と空間原理」
2019年4月3日(水)〜7日(日)
東京 新井薬師前 スタジオ35分
15:00〜23:00(Bar営業 18:00〜)
※4月7日(日)のみ搬出開廊のため13:00〜15:00

Closing Party Live
2019年4月6日(土)

[第一部]
出演: Gofish
開演 17:00
1,500円(税込 / 別途ドリンク代)

[第二部]
出演: Gofish
開演 20:00
1,500円(税込 / 別途ドリンク代)

※メールの件名に「4月6日予約」、本文に名前 / 電話番号 / 枚数 / 希望の公演(第一部もしくは第二部)を明記のうえ、アドレス(tagenshishu0406yoyaku@gmail.com)に送信。申し込み / 予約は定員に達し次第締め切り。
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] CAPTAIN TRIP RECORDS&MARBLE SHEEPのKEN MATSUTANI率いる“KEN & THE STRANGE MOON”が1stアルバムをリリース[インタビュー] ピアノ演奏の基礎の部分をショパンで構築してきた――牛田智大、10代最後に取り組んだショパン・アルバム
[インタビュー] ホセ・ジェイムズが新レーベル「レインボー・ブロンド」を始動――第一弾アーティスト・ターリがデビュー・アルバムをリリース[インタビュー] もうひとつのシティ・ポップ――Dos Monos『Dos City』
[インタビュー] 音楽は、生き方そのもの BUPPON『enDroll』[インタビュー] トリオ・レコードが遺したミュージカル作品 発売当時のディレクター徳光英和が『上海バンスキング』などについて語る
[インタビュー] 想像を形にする“宇宙”を舞台とした、Shing02とSauce81の共作アルバム『S8102』[インタビュー] 音ゲーは“音楽の楽しさを伝えるツール” モリモリあつし『タイムカプセル』
[インタビュー] ブルッフの協奏曲は、人生のステージの中でいつも傍にあった曲──アラベラ・美歩・シュタインバッハー、〈東芝グランドコンサート2019〉に出演[インタビュー] 新しいセッションだから“シーズン2” Mari & Bux Bunny シーズン2始動
[インタビュー] いまだからこそ作れたコレクション 鈴木惣一朗が細野晴臣プロデュース・レーベル「ノンスタンダード」について語る[インタビュー] 仏教と音楽が私の楽しみであり、人生のともしび――三浦明利『いのちのともしび』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015