ニュース

ピアニストのエレーヌ・グリモー、アルバム『メモリー』をリリース 11月に来日公演開催

エレーヌ・グリモー(Helene Grimaud)   2018/10/19 12:16掲載
はてなブックマークに追加
 鋭敏な感性から独自のコンセプトによるアルバムを発表してきた仏エクサン・プロウァンス生まれのピアニスト、エレーヌ・グリモー(Hélène Grimaud)が、目下最新アルバム『メモリー』(UCCG-1817 2,800円 + 税)を10月17日(水)にリリース。グリモーは11月に来日し、大阪 ザ・シンフォニーホールと東京・初台 東京オペラシティ コンサートホールでリサイタルを開催するほか、NDRエルプフィルハーモニー管弦楽団の日本ツアーに協奏曲のソリストとして出演します。

 本作は、今年で没後100年の記念年を迎えたドビュッシーサティショパンらの作品に、ウクライナ出身の現代音楽の作曲家ヴァレンティン・シルヴェストロフ(Valentin Silvestrov)の作品を組み合わせ、インド系イギリス人のミュージシャン、ニティン・ソーニー(Nitin Sawhney)による楽曲で締めくくったコンセプチュアルな内容。グリモーとソーニーは、グリモーが2016年に発表したアルバム『ウォーター』に続けてのコラボレーションとなります。

■2018年10月17日(水)発売
メモリー
UCCG-1817 2,800円 + 税

[収録曲]
01. シルヴェストロフ: バガテルop.1-1(第1番)
02. ドビュッシー: アラベスク第1番
03. シルヴェストロフ: バガテルop.1-2 (第2番)
04. サティ: グノシエンヌ第4番
05. ショパン: ノクターン ホ短調op.72-1(第19番)(遺作)
06. サティ: グノシエンヌ第1番
07. サティ: ジムノペディ第1番
08. サティ: 冷たい小品〜ゆがんだ踊り第1曲
09. ドビュッシー: レントより遅く
10. ショパン: マズルカ イ短調op.17-4 (第13番)
11. ショパン: ワルツ イ短調op.34-2 (第3番)
12. ドビュッシー: ベルガマスク組曲〜第3曲月の光
13. ドビュッシー: 夢想
14. サティ: 冷たい小品〜ゆがんだ踊り第2曲
15. ニティン・ソーニー: ブリージング・ライト


エレーヌ・グリモー ピアノ・リサイタル
2018年11月12日(月)
大阪 ザ・シンフォニーホール
開演 19:00
www.kajimotomusic.com/jp/concert/k=700

エレーヌ・グリモー ピアノリサイタル “Memory”
2018年11月14日(水)東京 初台 東京オペラシティ コンサートホール
開演 19:00
www.operacity.jp/concert/calendar/detail.php?id=8767

NDRエルプフィルハーモニー管弦楽団(旧ハンブルク北ドイツ放送交響楽団)
2018年11月1日(木)
京都コンサートホール
開演 19:00
www.kyotoconcerthall.org/calendar/business.php?y=2018&m=11#key17628

NDRエルプフィルハーモニー管弦楽団
2018年11月2日(金)
東京 赤坂 サントリーホール
開演 19:00
www.kajimotomusic.com/jp/concert/k=681

第36回名古屋クラシックフェスティバル
2018年11月7日(水)
愛知 名古屋 日本特殊陶業市民会館 フォレストホール(名古屋市民会館)
開演 18:45
アラン・ギルバート指揮NDRエルプフィルハーモニー管弦楽団
ピアノ: エレーヌ・グリモー

cte.jp/wp_detail/181107

NHK音楽祭2018
2018年11月8日(木)
東京 渋谷 NHKホール
開演 19:00
NDRエルプフィルハーモニー管弦楽団(旧北ドイツ放送交響楽団)
www.nhk-p.co.jp/event/detail.php?id=863
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
[インタビュー] 丸みのある、自然体の音楽 Opus Inn『Time Rolls On』[インタビュー] 消費者だったら消費者らしく盛り上がれ “侵食する”ARKHAM
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015