ニュース

映画「牙狼〈GARO〉〜蒼哭ノ魔竜〜」テーマソングがJAM Projectの新曲に決定!

JAM Project   2012/10/24 15:56掲載
はてなブックマークに追加
映画「牙狼〈GARO〉〜蒼哭ノ魔竜〜」テーマソングがJAM Projectの新曲に決定!
 雨宮慶太監督による人気特撮アクション“牙狼〈GARO〉”シリーズ。「牙狼〈GARO〉-RED REQUIEM-」に続く劇場版第2弾「牙狼〈GARO〉〜蒼哭ノ魔竜〜」が、2013年2月よりロードショー! そのテーマソングが、JAM Projectの新曲「風〜旅立ちの詩〜」に決定!

 数々の特撮 / アニメ作品のテーマソングを担当し続けて10余年。バンダイナムコゲームスの人気ゲーム“スーパーロボット大戦”生誕20周年を記念して制作された今年5月に発売の最新シングル「鋼のレジスタンス」も好評のJAM Project。TVシリーズ以来オープニング・テーマを担当しているほか、本編では主人公・冴島鋼牙の相棒である“魔導輪ザルバ”のCVをメンバーである影山ヒロノブが務めるなど、“牙狼〈GARO〉”とは親密な関係にある彼らだけに、新曲の仕上がりにも期待です!

 影山ヒロノブは今回の起用にあたり「JAM Projectは、今まで同様、いやそれ以上に気合いを入れて作らせていただきました。今回、監督からのアドバイスはただひとつ、今までずっと牙狼に関わって来たすべての人達に対する感謝の気持ちを歌って欲しいと。最初、漠然としてるように感じ、悩んだのですが、もう一度、牙狼のすべてのDVDを頭から見直しているうちに自分自身もJAM Projectのメンバーとして、そしてもう一つ「ザルバ」の声優として精一杯やらせてもらった年月が、とても愛おしいものに思えて、すべてを見終わった時には、“牙狼、鋼牙.... すべてのキャスト、スタッフのみなさん。そしてファンのみなさん。長い旅路、おつかれさまでした。そして次なるステップに向かう者達へ、熱い思いを込めて旅立ちの歌を送りたい”と。風の中から現れて、共に同じ時代を駆け抜け、そしてまた風の中へ旅立って行く。そんな牙狼の、少し悲しいけど新たな門出に“Lullaby”を」と熱くコメントしています。

(C)2012 雨宮慶太 / 東北新社

■2013年2月より新宿バルト9ほか全国ロードショー

劇場版第2弾 『牙狼〈GARO〉〜蒼哭ノ魔竜〜』
garo-project.jp/movie2

[あらすじ]
“ヒト”を守るため、大いなる力“ガジャリ”と契約した冴島鋼牙は、“嘆きの牙”を持ち返るために“約束の地”に降り立った。だがその瞬間、今まで戦いを共にしてきた牙狼剣、魔法衣、魔導輪を失ってしまう。鬱蒼とした森を抜けた鋼牙は、囚われていた少女メルを救う。メルは自分のことを“モノ”だと言うのだが……。

出演: 小西遼生 / 久保田悠来 / 蒼あんな / 螢雪次朗 / 柳原哲也 / 影山ヒロノブ / 藤田 玲 / 山本匠馬 / 中村織央 / 渡辺裕之 / 松坂慶子
原作・脚本・監督: 雨宮慶太

配給: 東北新社
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 形に残すことの大事さ 輪入道×N0uTY[インタビュー] シンガー・ソングライターとしての側面にスポットをあてたTOKU『ORIGINAL SONGBOOK』
[インタビュー] “生命のありさま”みたいなもの――ORIGINAL LOVE『bless You!』[インタビュー] もっと正直になりたい――本気は、きっと伝わる 杏沙子『フェルマータ』
[インタビュー] 三遊亭円丈「恋のホワン・ホワン」など“カルトな名作”を手がけた中村俊夫がトリオ・レコードの軌跡を語る[インタビュー] 自分が魅せられた“ヒップホップ”を表現したかった “DEFなYが送る特別授業”YUKSTA-ILL『DEFY』
[インタビュー] 自分にとっては“禊”って感じ――LIBRO『SOUND SPIRIT』[インタビュー] 自分がどう思ったか、どう判断したか “らしさ”を模索するYoumentbay
[インタビュー] 稀代の名プロデューサー、トレヴァー・ホーンが80年代の名曲をフル・オーケストラとともにカヴァーしたニュー・アルバムを発表[インタビュー] みんな“トモダティ” エレクトロオルタナティブユニット“tomodati”登場
[インタビュー] “常に自分をアップデートさせたい”前向きな姿勢を反映したE.P第2弾、竹内アンナ『at TWO』[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015