ニュース

RIP SLYMEの新曲について宇宙飛行士・野口聡一つぶやく!

RIP SLYME   2011/03/04 16:43掲載
はてなブックマークに追加
 ベスト盤『GOOD TIMES 2001-2010 COMPLETE BEST』、裏ベスト『BAD TIMES』を挟み、『JOURNEY』以来約2年ぶりとなるRIP SLYMEのニュー・アルバム『STAR』(写真)が3月2日にリリースとなりました。

 4曲目に収録され、アルバムの核を成すリード曲「センス・オブ・ワンダー」は、アルバムのトータル・イメージである“宇宙感”を表現すためにMCのRYO-Zが読んだ宇宙飛行士・野口聡一氏の著書「ワンダフル・プラネット!」(集英社インターナショナル刊)に記された言葉にインスパイアされ完成した楽曲。

 アルバム完成後の2月初旬、RIP SLYME側スタッフから野口氏側の関係者を通じ、ヒューストンに滞在中の野口氏宛に音源を送付したところ、3月3(水)日本時間13時頃、なんと野口氏本人のTwitterからメッセージが!

[野口聡一氏のツイート]
「センス・オブ・ワンダー」は拙著「ワンダフル・プラネット」にインスパイアされたとか。PVはTRON風だね。リップスライムのCoolな新作。地球を超え、宇宙にてOPEN!! #rip_star http://ripslymestar.com


 この“つぶやき”を受け、33万人いる野口氏のフォロアー中200人以上がReTweet、さらにRIP SLYMEファンの多くがReTweetしたことにより、推定50万人ほどへ情報が伝播、アルバム特設サイト「STAR TRIP」(http://ripslymestar.com/)には瞬間的に約1万人のアクセスが集中し、一次パンク寸前に。YouTubeでの「センス・オブ・ワンダー」再生回数も瞬発的に5000回程度の伸びを見せました。RIP SLYMEのメンバーたちもこの事実ご満悦の様子。

 「センス・オブ・ワンダー」に影響を与えた言葉は、「ワンダフル・プラネット!」の92ページに記されているとのこと。ファンならずとも要チェック!


野口聡一「ワンダフル・プラネット!」
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] The mellows “ヴェイパーウェイヴ”ではなく自分たちらしさを追求した新作[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(後編)
[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(前編)[インタビュー] maco marets 気鋭のラッパーが語る、ひとくぎりの3枚目『Circles』までの道のり
[インタビュー] チャクラ 強烈な個性で伝説的存在となっているバンドの未発表ライヴCDを、チリ人のマニアが制作[インタビュー] 女子のリアルを綴るSSW、コレサワ “すごく前向きな”失恋アルバム
[特集] Sound Schedule 鮮度の高い演奏を聞かせる3人組 2020年ライヴ最速レポ[インタビュー] 眉村ちあき 弾き語りトラックメイカーアイドル あらゆる面で成長した渾身の新作
[インタビュー] 湯浅湾 我々は“望まない” 10年ぶりの新作『脈』をバンマスが解説[インタビュー] SKY-HIからエルメート・パスコアールまで、多彩なゲストを迎えた全曲オリジナルの新作『イン・ザ・キー・オブ・ジョイ』を発表
[インタビュー] Soggy Cheerios(ソギー・チェリオス) 新たな局面を迎える手応え[インタビュー] 神保 彰 NYとLAで録音、“月”と“太陽”をイメージした2枚のアルバムを元旦にリリース
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015