ニュース

クラリネット奏者の吉田 誠、コンサート・シリーズ“五つの記憶”第2回目を今週末開催

吉田誠   2015/12/15 14:05掲載
はてなブックマークに追加
クラリネット奏者の吉田 誠、コンサート・シリーズ“五つの記憶”第2回目を今週末開催
 異なるテーマを定めた全5回のコンサートから成る、クラリネット奏者・吉田 誠のコンサート・シリーズ“五つの記憶”の第2回目〈吉田誠 クラリネット・リサイタル“五つの記憶”Scene 2「灯り」〉が12月18日(金)東京 銀座 王子ホールにて開催されます。

 このシリーズは、アートディレクションに田村吾郎を迎え、フォトグラファーやヘアメイク、スタイリスト、グラフィックデザイナーといったアーティストたちとともにコンセプトメイクやヴィジュアル制作を作り上げ、その世界観をもとに吉田が選曲していくという異例ともいえる取り組み。今回の公演では、ヴァイオリニストの成田達輝と尾池亜美、ヴィオラ奏者の安達真理、チェリストの横坂 源らとともに、フィンジモーツァルトの作品が演奏されます。

 “灯り”と題されたシリーズ2回目について、吉田は「この言葉からは“暖かさ”が連想されますが、優しさ、慈愛と共に、切なさ、ノスタルジーも同時に存在している気がします。モーツァルトの五重奏の第二楽章から感じる慈愛、フィンジのロマンスから感じるノスタルジー、この様な世界観をクラリネットの暖かい音色と弦楽四重奏の包まれるような響きで、皆様と共有できれば、という願いを込めて選曲致しました」(公演フライヤーより)とコメントを寄せています。

吉田誠 クラリネット・リサイタル “五つの記憶”Scene 2「灯り」
www.kajimotomusic.com/jp/concert/k=518/
2015年12月18日(金)東京 銀座 王子ホール
開演 19:00

[出演]
吉田誠(cl) / 成田達輝、尾池亜美(vn) / 安達真理(va) / 横坂源(vc)

[曲目]
フィンジ: ロマンス Op.11(クラリネット五重奏版 編曲:吉田誠)
モーツァルト: クラリネット五重奏曲 変ロ長調(断片)K.Anh.91 (516c)
フィンジ: 5つのバガテル Op. 23a(クラリネット五重奏版)
モーツァルト: クラリネット五重奏曲 イ長調 K. 581

[チケット]
全席指定席 4,000円
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ピアノ演奏の基礎の部分をショパンで構築してきた――牛田智大、10代最後に取り組んだショパン・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズが新レーベル「レインボー・ブロンド」を始動――第一弾アーティスト・ターリがデビュー・アルバムをリリース
[インタビュー] もうひとつのシティ・ポップ――Dos Monos『Dos City』[インタビュー] 音楽は、生き方そのもの BUPPON『enDroll』
[インタビュー] トリオ・レコードが遺したミュージカル作品 発売当時のディレクター徳光英和が『上海バンスキング』などについて語る[インタビュー] 想像を形にする“宇宙”を舞台とした、Shing02とSauce81の共作アルバム『S8102』
[インタビュー] 音ゲーは“音楽の楽しさを伝えるツール” モリモリあつし『タイムカプセル』[インタビュー] ブルッフの協奏曲は、人生のステージの中でいつも傍にあった曲──アラベラ・美歩・シュタインバッハー、〈東芝グランドコンサート2019〉に出演
[インタビュー] 新しいセッションだから“シーズン2” Mari & Bux Bunny シーズン2始動[インタビュー] いまだからこそ作れたコレクション 鈴木惣一朗が細野晴臣プロデュース・レーベル「ノンスタンダード」について語る
[インタビュー] 仏教と音楽が私の楽しみであり、人生のともしび――三浦明利『いのちのともしび』[インタビュー] THREE1989が挑んだ“愛のアルバム”『Kiss』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015